日本いも類研究会では、副会長である(有)菊水堂の岩井社長のご協力により、様々な品種によるポテトチップを楽しみながら、新品種に親しんでいただくという趣旨でポテトチップ試食サンプルの配布とアンケート調査を行っています。
 平成28年度の対象品種はポテトチップ専用品種のみならず、一般調理用の品種などを含む5品種(らんらんチップ、リラチップ、パールスターチ、ノーザンルビー、シャドークイーン) です。その結果、584名の方からのアンケート結果を12月中旬までに回収することができました。


【28年度】
供試品種
特徴・主な用途等
チップスの製造日・条件

らんらんチップ

チップスカラーに優れ、線虫抵抗性を有する専用品種

11月11日、でん粉価16.4、ブランチング約60度、スライス0.056インチ

リラチップ

長期低温貯蔵性に優れ、チップスカラーも良い、線虫抵抗性を有する専用品種

11月11日、でん粉価15.5、ブランチング約60度、スライス0.056インチ

パールスターチ

多収のでん粉原料用品種

11月11日、でん粉価18.5、ブランチング約50度、スライス0.050インチ

ノーザンルビー

アントシアニン色素(赤)を含む

11月11日、でん粉価15.4、ブランチング約72度、スライス0.056インチ

シャドークイーン

アントシアニン色素(紫)を高濃度に含む

11月11日、でん粉価13.8、ブランチング約72度、スライス0.056インチ




【27年度】
供試品種
特徴・主な用途等
チップスの製造日・条件

らんらんチップ

チップスカラーに優れ、線虫抵抗性を有する専用品種

11月7日、でん粉価16.6、ブランチング約50度、スライス0.055インチ

リラチップ

長期低温貯蔵性に優れ、チップスカラーも良い、線虫抵抗性を有する専用品種

11月7日、でん粉価15.5、ブランチング約50度、スライス0.055インチ

パールスターチ

多収のでん粉原料用品種

11月7日、でん粉価19.5、ブランチング約60度、スライス0.055インチ

ノーザンルビー

アントシアニン色素(赤)を含む

11月7日、でん粉価15.2、ブランチング約70度、スライス0.055インチ

シャドークイーン

アントシアニン色素(紫)を高濃度に含む

11月7日、でん粉価19.1、ブランチング約70度、スライス0.055インチ




【26年度】
供試品種
特徴・主な用途等
チップスの製造日・条件

らんらんチップ

チップスカラーに優れ、線虫抵抗性を有する専用品種

11月7日、でん粉価16.6、ブランチング約50度、スライス0.055インチ

リラチップ

長期低温貯蔵性に優れ、チップスカラーも良い、線虫抵抗性を有する専用品種

11月7日、でん粉価15.5、ブランチング約50度、スライス0.055インチ

スノーマーチ

生食用の新品種(収穫直後はポテトチップスにも適する)

11月7日、でん粉価18.3、ブランチング約60度、スライス0.055インチ

こがね丸

淡黄肉でフライ適性に優れた品種

11月7日、でん粉価19.5、ブランチング約60度、スライス0.055インチ

ノーザンルビー

アントシアニン色素(赤)を含む

11月7日、でん粉価15.2、ブランチング約70度、スライス0.055インチ

シャドークイーン

アントシアニン色素(紫)を高濃度に含む

11月7日、でん粉価19.1、ブランチング約70度、スライス0.055インチ




【25年度】
供試品種
特徴・主な用途等
チップスの製造日・条件

トヨシロ

我が国の代表的なチップス専用品種

11月1日、でん粉価17.3、ブランチング約58度、スライス0.055インチ

らんらんチップ

チップスカラーに優れ、線虫抵抗性を有する専用品種

11月1日、でん粉価19.3、ブランチング約60度、スライス0.055インチ

こがね丸

淡黄肉でフライ適性に優れた品種

11月1日、でん粉価20.3、ブランチング約60度、スライス0.055インチ

ノーザンルビー

アントシアニン色素(赤)を含む

11月1日、でん粉価15.1、ブランチング約70度、スライス0.055インチ

シャドークイーン

アントシアニン色素(紫)を高濃度に含む

11月1日、でん粉価18.8、ブランチング約70度、スライス0.055インチ




【24年度】
供試品種
特徴・主な用途等
チップスの製造日・条件

らんらんチップ

チップスカラーに優れ、線虫抵抗性を有する専用品種

11月9日、ブランチング約60度、スライス0.055インチ

こがね丸

淡黄肉でフライ適性に優れた品種

11月9日、ブランチング約63度、スライス0.055インチ

ノーザンルビー

アントシアニン色素(赤)を含む

11月9日、ブランチング約70度、スライス0.055インチ

キタムラサキ

アントシアニン色素(紫)を含む

11月9日、ブランチング約70度、スライス0.055インチ

シャドークイーン

アントシアニン色素(紫)を高濃度に含む

11月9日、ブランチング約70度、スライス0.055インチ




【23年度】
供試品種
特徴・主な用途等
チップスの製造日・条件

きたひめ

低温貯蔵後もチップスカラーに優れた専用品種

11月11日、ブランチング約64度、スライス0.054インチ

トヨシロ

我が国の代表的なチップス専用品種

11月11日、ブランチング約64度、スライス0.054インチ

北海102号

チップカラーに優れ、長期貯蔵性や線虫抵抗性を有する

11月11日、ブランチング64度、スライス0.054インチ

ノーザンルビー

アントシアニン色素(赤)を含む

11月11日、ブランチング約70度、スライス0.054インチ

キタムラサキ

アントシアニン色素(紫)を含む

11月11日、ブランチング約70度、スライス0.054インチ



【22年度】
供試品種
特徴・主な用途等
チップスの製造日・条件

キタアカリ

黄肉で良食味の青果用品種

10月29日、ブランチング約60度、スライス0.055インチ

サッシー

チップ適性が高く、良食味

10月29日、ブランチング約70度、スライス0.055インチ

北海102号

チップカラーに優れ、長期貯蔵性や線虫抵抗性を有する

10月29日、ブランチング60度、スライス0.055インチ

ノーザンルビー

アントシアニン色素(赤)を含む

10月29日、ブランチング約70度、スライス0.055インチ

キタムラサキ

アントシアニン色素(紫)を含む

10月29日、ブランチング約70度、スライス0.055インチ

注:

実際のポテトチップス製造では、スライス厚み、ブランチングなどをじゃがいも原料によって変えています。



【21年度】
供試品種
特徴・主な用途等
チップスの製造日・条件

サッシー

チップ適性が高く、良食味

10月23日、ブランチング約62度、スライス0.054インチ

こがね丸

フライ加工用の新品種

10月23日、ブランチング約62度、スライス0.054インチ

キタムラサキ

アントシアニン色素(紫)を含む

10月23日、ブランチング約70度、スライス0.054インチ

ノーザンルビー

アントシアニン色素(赤)を含む

10月23日、ブランチング約70度、スライス0.054インチ

トヨシロ

我が国の代表的なチップス専用品種

10月23日、ブランチング約62度、スライス0.054インチ

注:

実際のポテトチップス製造では、スライス厚み、ブランチングなどをじゃがいも原料によって変えています。



【20年度】
供試品種
特徴・主な用途等
チップスの製造日・条件

はるか

白肉、粘質、煮物やサラダに向く

10月31日、ブランチング約62度、スライス0.056インチ

スノーデン

ポテトチップ加工適性の高い品種

10月31日、ブランチング約62度、スライス0.056インチ

ドロシー

フレンチフライ用で油加工に適する

10月31日、ブランチング約62度、スライス0.056インチ

サッシー

チップ適性が高く、良食味

10月31日、ブランチング約62度、スライス0.056インチ

ノーザンルビー

アントシアニン色素(赤)を含む

10月31日、ブランチング約70度、スライス0.056インチ

キタムラサキ

アントシアニン色素(紫)を含む

10月31日、ブランチング約70度、スライス0.056インチ

注:

実際のポテトチップス製造では、スライス厚み、ブランチングなどをじゃがいも原料によって変えています。



【19年度】
供試品種
特徴・主な用途等
チップスの製造日・条件

トヨシロ

我が国の代表的なチップス専用品種

10月19日、ブランチング62度前後、スライス0.058インチ

はるか

調理適性に優れた生食用の新品種

10月19日、ブランチング62度前後、スライス0.056インチ

チェルシー

多収で、でん粉価が高い

10月19日、ブランチング62度前後、スライス0.056インチ

サッシー

チップ適性が高く、良食味

10月19日、ブランチング62度前後、スライス0.056インチ

ノーザンルビー

アントシアニン色素(赤)を含む

10月19日、ブランチング70度前後、スライス0.056インチ

キタムラサキ

アントシアニン色素(紫)を含む

10月19日、ブランチング75度前後、スライス0.056インチ

こがね丸

フライ加工用の新品種

10月26日、ブランチング62度前後、スライス0.056インチ

注:

実際のポテトチップス製造では、スライス厚み、ブランチングなどをじゃがいも原料によって変えています。


【18年度】
供試品種
特徴・主な用途等
チップスの製造日・条件

男爵薯

最もポピュラーな品種(水煮(粉ふき)、コロッケ、サラダ等に向く)

11月 2日、ブランチング61度前後、スライス0.056インチ

オホーツクチップ

ポテトチップス用の新品種

11月 2日、ブランチング61度前後、スライス0.056インチ

らんらんチップ

ポテトチップス用の新品種

11月 2日、ブランチング61度前後、スライス0.056インチ

スノーマーチ

生食用の新品種(収穫直後はポテトチップスにも適する)

11月 2日、ブランチング61度前後、スライス0.056インチ

こがね丸

フライ加工用の新品種

11月 2日、ブランチング61度前後、スライス0.056インチ

西海31号

アントシアニン色素(赤)を含む

11月 2日、ブランチング61度前後、スライス0.056インチ

ノーザンルビー

アントシアニン色素(赤)を含む

11月 2日、ブランチング61度前後、スライス0.056インチ

注:

西海31号は長期保存の影響がかなりある。(長崎県で5月に収穫、貯蔵したものを11月にフライしており、他品種と比較すると厳しい加工条件となっている。)
ブランチングが最低65度は必要であったようで、生揚げが出たほか、揚がり色も良くなかった。

【17年度】
供試品種
特徴・主な用途等
チップスの製造日・条件

トヨシロ

ポテトチップス用の主力品種

11月 1日、ブランチング61度前後、スライス0.056インチ

オホーツクチップ

ポテトチップス用の新品種

10月21日、ブランチング61度前後、スライス0.058インチ

らんらんチップ

ポテトチップス用の新品種

10月21日、ブランチング61度前後、スライス0.058インチ

さやか

サラダ用

10月21日、ブランチング61度前後、スライス0.058インチ

十勝こがね

食味が良く、フライ調理適性も高い

10月21日、ブランチング61度前後、スライス0.058インチ

西海31号

アントシアニン色素(赤)を含む

10月 4日、ブランチング67度前後、スライス0.056インチ

インカレッド

アントシアニン色素(赤)を含む

10月21日、ブランチング75度前後、スライス0.058インチ

キタムラサキ

アントシアニン色素(紫)を含む

10月21日、ブランチング75度前後、スライス0.058インチ

注:1)

西海31号は長崎県で5月中旬に収穫、貯蔵したものを10月4日にフライしており、他品種(全て北海道で17年秋に収穫)と比較すると厳しい加工条件となっている。

  2)

原材料は馬鈴薯、米油、パーム油、食塩(化学調味料は無添加)。フライ条件などは、極力同じにしたが、製品化されているものは、最適な条件設定で行っている。