III 戦後50年間の需給動向と施策
 
 第二次世界大戦後、約半世紀が過ぎたわけですが、じゃがいもの需給はこの間に劇的な変化を遂げました。大増産運動が展開され、食料の安定供給に貢献し た戦後復興・食料増産期(昭和20〜35年)、でん粉原料用、市場販売用がシェア を伸ばした高度成長期(昭和36〜50年)、飼料用が減少し加工食品用が伸びた安定成長期(昭和51〜60年)、冷凍調整品などの輸入が急増した国際化の進展期 (昭和61〜現在)というように4つの時期に分け、それぞれの時期の需給の動きと講じられた施策について整理すると以下のようになります。

1.需給の動き
(1)戦後復興・食料増産期(昭和20〜35年)

(2)高度成長期(昭和36〜50年)

(3)安定成長期(昭和51〜60年)

(4)国際化の進展期(昭和61年〜現在)

2.講じた施策
(1)戦後復興・食料増産期(昭20〜35年)

(2)高度成長期(昭和36〜50年)

(3)安定成長期(昭和51〜60年)

(4)国際化の進展期(昭和61年〜現在)

3.施策の効果と評価
  優良種苗の供給体制の確立に伴って種子更新率は飛躍的に向上しました。 そしてこれに伴って単収は着実に向上し、北海道では昭和20年代と比べると3倍程度に向上しています。また、北海道では機械化一貫作業体系の確立により生産性が向上し、労働時間も大きく低減しました。しかし、都府県では農家の高齢化の進展とともに生産は減少しています。

 目下の懸案事項は、

  1. 需要が増加している加工食品用の分野で、国産のシェアが伸び悩んでいるということ
  2. ジャガイモシストセンチュウ汚染地域の拡大が止まらないことうえ、センチュウ抵抗性を備えた新品種の導入に遅れが見られること
  3. 輸入品に対抗するため、生食・加工食品用生産において、高品質化と省力化を同時に達成することが可能な技術を早急に確立すること

です。