V 品種の動向

1.用途別品種の概要
(1)「男爵薯」は粉ふきいもにされ、「メークイン」は煮物にされるように、 いもの肉質や煮くずれの程度により、それぞれの調理方法に適した品種があります。また、同じタイプの品種では、近年育成された品種は、総合的により優れた特徴を有しています。新しい食用・業務用の育成品種は、皮を剥いても長時間放置しなければ変色(剥皮褐変)しないので水にさらす必要がなく、水煮後に放冷 しても黒変(調理後黒変)しない、外観に優れたものが多くなっています。
 「ホッカイコガネ」は目が浅く大粒で業務用に適し、粘質で煮くずれしないので煮物に向きます。黄肉で香りがよい粉質の「キタアカリ」は、加熱時の火の通りが早く、煮くずれしやすいのでベークドポテトやサラダに向いています。「 とうや」は、滑らかな肉質で変色が少なく、目が浅いため剥皮歩留りに優れ、「 ベニアカリ」は、紅皮で外観に特徴があるばかりでなく、高でん粉の極粉質で、コロッケなどに用いた場合の加工歩留りが高いのが特徴です。「さやか」は変色が少なく、滑らかな肉質と癖の少ない味がサラダの原料として最適です。「十勝こがね」は、誰からも好評で、冷めてからの美味しさが際だちます。「ユキラシャ」は貯蔵性が良く、真っ白な肉で粉質度を翌年の夏まで保つことができます。
 
(2)長崎などの暖地の二期作専用品種は、ほとんどが調理用として市場出荷されます。
「デジマ」は大粒淡黄肉で煮くずれが少なく、煮物に向いています。「ニシユタカ」は煮くずれが少なく、でん粉価が低いため淡白な味の品種です。 「アイノアカ」は紅皮黄肉で、目が浅く楕円形をしており、調理しやすく滑らかな肉質であっさりしています。
 このほか、でん粉価がやや高く粉質度のある「春あかり」、味の染み込みが良い「アイユタカ」などの新品種が育成されています。

(3)加工食品用のうち、ポテトチップス用としては、グルコースなどの還元糖が少なく、乾物率が高いことが望ましく、専用品種の「トヨシロ」や「アトランチック」が主として使われ、この他に兼用品種の農林1号や肥大の早い「ワセシロ」も使われています。フラ イドポテト用には、長くて大きな「ホッカイコガネ」が使われており、この他に太めの「ムサマル」も育成されています。

(4)「コナフブキ」や「紅丸」などの専用品種を主な原料として作られたじゃがいもでん粉は、片栗粉としても売られています。このほかに、加熱したときに他の種類のでん粉よりも低い温度でのり状となり、水分を多く含むという性質を活かして水産練り製品(カマボコ、チクワなど)に使われています。このほか、麺類(ラーメン)などに独特の食感を与えるためにも使われるなど、いわゆる 「固有用途」があります。

(5)上記の他に、「安全でおいしい」ものを求める消費者ニーズに応えられる品種として、疫病抵抗性が極めて強く無農薬栽培の可能な花標津など、新しい品種が育成されており、今後の普及が期待されています。

2.主要品種の作付面積シェアの動向
(1)青果用品種
 明治から大正にかけて導入された「男爵薯」及び「メークイン」の導入品種が、依然としてそれぞれ3割、1割と大きなシェアを占めています。この2品種は粉質と粘質という対照的な特性を持ち、食味と栽培特性が良好であったことか ら、広く全国に普及しました。
 その後、九州では二期作栽培に適した「デジマ」、「ニシユタカ」などの育成品種が作付シェアを伸ばしています。また、近年育成された良食味の「キタアカリ」は2000haを超え、「とうや」や「十勝こがね」など高品質で特徴のある新品種の作付シェアは着実に伸びています。さらに、橙黄肉の「インカのめざめ」、紫肉の「インカパープル」、赤肉の「インカレッド」は新たな食材として注目されています。

(2)加工食品用品種
 油加工適性に優れた「トヨシロ」が高 いシェアを維持しており、主としてポテトチップス原料用に用いられていますが、より多収でフライ加工適性の高い「ホッカイコガネ」もシェアが低いながら増加しています。また、サラダ用として、収穫時の打撲痕がつきにくく、機械収穫適性の高い「さやか」の作付が伸びてきました。

(3)でん粉原料用品種
 単収の高い紅丸が長期間にわたって首位を占めていましたが、近年、でん粉価が極めて高く、でん粉工場における製造コスト低減が見込める「コナフブキ」の栽培面積が急増し、平成8年にはシェアが逆転しているのが注目されます。

 

○ 主要品種の作付面積シェアの推移(春作秋作合計)

(単位 :%)

 

 

55年
60年
2年
7年
12年
13年
14年
15年

青 果 用

男爵薯

41.5

34.3

34.2

32.6

32.3

30.2

29.7

29.2

メークイン

15.3

17.4

17.0

15.6

14.7

14.3

14.1

13.6

ニシユタカ

0.4

1.3

3.6

4.5

6.1

6.3

5.8

5.3

デジマ

4.5

3.9

3.9

2.4

3.2

3.3

1.7

1.6

農林1号

12.5

8.6

6.5

6.5

3.5

3.1

2.8

2.3

ワセシロ

0.9

2.8

3.3

3.6

3.4

2.9

3.0

2.5

キタアカリ

 -

 -

 -

0.3

1.4

2.2

2.3

2.5

とうや

-

-

-

-

0.4

0.5

0.6

0.9

加工食品用

トヨシロ

2.6

5.6

7.2

8.0

9.8

10.3

11.1

12.1

ホッカイコガネ

-

0.4

1.1

1.7

2.3

2.1

2.3

2.2

さやか

 -

-

-

-

0.2

0.4

0.7

0.8

でん粉原料用

コナフブキ

-

2.2

4.9

11.2

15.3

15.1

17.0

18.1

紅丸

17.6

20.9

14.4

11.8

4.2

3.9

2.8

2.5

100

100

100

100

100

100

100

100


 資料:都道府県報告による農水省特産振興課調べ

3.新品種の育成状況
(1)育種への取り組み
 いも類の優良品種の開発については、独立行政法人及び北海道、長崎県の研究機関を中心に各種の用途に応じた特性を持つ品種の育成に取り組んでいます。品質、成分、貯蔵性、加工適性、機械化適性等の項目に加えて、土壌病害、ウイルス病、センチュウなどの病虫害抵抗性の向上が課題となっています。
 また、平成13年度からはプロジェクト研究「食料自給率向上のための21世紀土地利用型農業確立を目指した品種育成と安定生産技術の総合的研究」が実施され、この中でもじゃがいもの新品種開発が行われています。

(2)近年の新品種
 最近では

 等の新品種が次々と育成されています。このほかに海外から、でん粉原料用に「アスタルテ」、青果用に「マチルダ」、「シンシア」、ポテトチップ用では「スノーデン」 、「ヤンキーチッパー」などの品種が導入されています。


○ 最近育成された新品種とその特性
 
品種名
育成年
育成場所
特性
スノーマーチ
平16年
北見農試(指)

シスト・そうか病抵抗性の青果用

オホーツクチップ

早生のポテトチップ用

ナツフブキ
平15年

早掘可能なでん粉用

アイユタカ
 〃
長崎・愛野(指)

シスト抵抗性の暖地二期作品種

スタールビー
 〃
北海道農研センター

青果用、赤皮黄肉

キタムラサキ
 〃

青果用、アントシアニン色素(ペタニン)を含む、紫色の肉色

インカのめざめ
平成14年

青果用、良食味で栗のような風味、濃黄色の肉色、小粒

インカパープル

青果用、アントシアニン(ペタニン)を含む、紫色の肉色

インカレッド

青果用、アントシアニン(ペラニン)を含む、赤色の肉色

春あかり
長崎・愛野(指)

青果用、シストセンチュウ抵抗性

きたひめ
平成13年
ホクレン

チップス用、低温で貯蔵可能、シストセンチュウ抵抗性

十勝こがね
平成12年
北海道農試

長期貯蔵可能、調理特性に優れる、シストセンチュウ抵抗性

ユキラシャ
北海道農試

そうか病抵抗性、長期貯蔵可能

スタークイーン
平成11年
北見農試(指)

そうか病抵抗性、シストセンチュウ抵抗性、調理用、黄白肉

ノースチップ
ホクレン

チップス用、低温でも長期貯蔵可能

花標津
平成9年
根釧農試(指)

疫病無防除栽培が可能、淡赤皮、調理用、花もきれい

普賢丸
長崎・愛野(指)

暖地二期作向けで初のシストセンチュウ抵抗性、早期肥大性、煮崩れ少

アーリースターチ
平成8年
北海道農試

早堀り可能なでん粉原料用

さやか
平成7年
北海道農試

大粒で調理加工適正に優れる

ベニアカリ
平成6年
北海道農試

コロッケ・サラダ等への適正大

サクラフブキ
平成6年
根釧農試(指)

シストセンチュウ抵抗性,高でん粉

アイノアカ
平成6年
長崎・愛野(指)

外観品質良好,煮崩れ少,調理特性良

とうや
平成4年
北海道農試

早生・大粒,シストセンチュウ抵抗性、芽が浅い、剥皮褐変・水煮黒変が少、業務用

ムサマル
根釧農試(指)

大粒、多収、シストセンチュウ抵抗性、フレンチフライ加工適正大

注:

(指)は、指定試験地の略で、国の指定助成により育種が行われている。