じゃがいもMiNi白書

★☆★☆ 《手軽でおいしい料理法》 ☆★☆★



1.魚との組み合わせ

【ベイク(蒸し)ポテトのトッピング添え】

注:

  1. いもはキタアカリなどの粉質のものが適します。
  2. 蒸し器がない場合は、ラップで包んでもできますが、熱いうちにあけて水分を逃がすこと。
  3. トッピングはバターやマヨネーズだけでなく、和風のものも良くあいます。

【サケとじゃがいものコロッケ】

注:

  1. 高でん粉のベニアカリやでんぷん原料用のコナフブキなどが適します。
  2. 油の少ないブナザケを使って試作しているが、みそ風味(チャンチャン焼き)、塩サケが好評であり、原料が安いことから給食用需要が期待されています。
  3. ブナザケとはサケが川に遡上するときに、体色が婚姻色に変化したもので肉はピンクでも商品価値が全くなくなるのです。

【サケの骨と皮付き小いものスープ】

2.ヨーロッパ風のじゃがいも料理

【スイス風】

【デンマーク風】


3.給食ヒットメニュー

【たこあげ】


4.即席料理

【シャキシャキサラダ】

注:

  1. いもは「とうや」や「キタアカリ」が適します。
  2. 煮すぎないのがコツです。いもとは思えない美味しさです。

【ジャガもち】

【お好み焼き】