じゃがいもの保存方法を教えて下さい。


 家庭で食べるために保管する温度は、3〜4℃が適温です。2℃では芽が出てきません。

 また、光に当てるとソラニンやチャコニンなどのアルカロイドが生成してエグ味が少しずつ増えてきます。温度と光に注意して管理し、早めに食べましょう。

 欧米諸国では、流通段階や一般家庭でも、できるだけ光に当てないような工夫が行われているそうです。下の写真はニュージーランド在住の鶴田さんから提供された家庭用ジャガイモ保存ボックスです。(右端は素焼きの容器『ポテトマン』とのこと)

貯蔵の詳細については、JRTwebに掲載している『じゃがいもMiNi白書』の [ 栽培技術→1.プロの作り方→ (11)貯蔵をご覧ください。