米国では「遺伝子組換えじゃがいも」があると聞きますが、どのようなものでしょうか?


 米国の「遺伝子組換えじゃがいも」は、日本にはいないコロラドハムシという害虫に対する抵抗性遺伝子を導入したものです。

 すでに生物農薬として用いられている微生物から得られた遺伝子を導入していますが、この遺伝子が産生する蛋白質は、特定の害虫(コロラドハムシ)にのみ影響を与え、ヒトを含む哺乳類には影響を与えません。

 効果としては殺虫剤の使用量・散布回数を大幅に減らすことができるとされています。 

商品名

モンサント社ばれいしょ(ニュー・リーフ・ポテト)→品種は、ラセットバーバンク、スーペリア、アトランティック

申請者

日本モンサント株式会社

開発者

Monsanto Company(米国)

遺伝子

害虫(コロラドハムシ等)抵抗性CryVA遺伝子(バチルス由来)
 注:B.t.t蛋白質を発現させる 、選択マーカーは抗生物質耐性NPTU遺伝子(大腸菌由来)