Q  北海道でもサツマイモは栽培できるのでしょうか。


 さつまいもは干ばつに強く、土壌条件もあまり選り好みしない栽培しやすい作物ですが、温度が制約要因になります。一般には、最高温月の平均気温が22℃以上、あるいは年平均気温10℃以上のところで、生育期間の積算温度が3000℃以上が適地といわれています。

  このため、経済栽培可能なのは東北の福島、宮城、北陸の新潟以南、長野県、群馬県の標高700m以下の地域とされますが、例えば北海道でも後志共和村などでベニアズマを栽培している例があります。この場合には5月上旬植え、9〜10月収穫とのことです。 

  また、熱帯地域の標高の比較的高いところで夜温がかなり下がるところでも小規模ながら栽培されているようです。このように、気温のみでなく、地温がいもの形成に大きく影響しますので、北海道でもマルチ等の工夫次第で栽培は可能でしょう。 

  暖地でも6月頃の早出し用の栽培では、マルチとトンネルを組み合わせるなどの工夫をしています。