じゃがいもには実や種ができるのですか?


A じゃがいもはナス科の植物で、ナスやトマトに似た花が咲き終わった後に、直径15〜30mm程度の小さなトマトそっくりの緑色の実を付けます。花の色は品種によって白、赤、菫、紫などですが、実や種ができるかどうかは品種や地域によって異なります 。

 ふつう、雌しべには受精の能力があるのですが、雄しべには受精能力の高いものから無いものまで様々です。また、高温・多湿の条件下では、花が落ちやすくなります。

 実の中にはナスの種とよく似た、やや小さな種が沢山入っています。これが、実生種子とも真正種子とも呼ばれる本来のじゃがいもの種子です。ただし、同じ実から取れる種子でも1粒ごとに遺伝的な性質が異なっています

 
ジャガイモの実(漿果)
ジャガイモの種子
(真正種子)


 これは品種改良のために人工交配したものですが、花粉の多い品種ならば、交配しなくても自然に実がなります。

 実の中には、小さなタネが100〜200粒ぐらい入っています。

 真正種子から育った苗です(種をまいて約1ヶ月後)イモがつきはじめています。


写真提供:北海道立北見農業試験場作物研究部馬鈴しょ科 千田圭一氏


● 参考になるインターネットのページ