表III-4 育成地における耕種概要                                                             
───────────────────────────────────────────────
   試    試験条件       年      10a当り要素量(kg)  植付期 畦幅 株間 10a当り 区  疫病
   験  (土壌条件)     次                                            株数      防除 前作物     
   名                  (平)    N   P2O5   K2O  MgO (月日) (cm) (cm)   (株)  制  (回)
───────────────────────────────────────────────
 生産力                 元    8.0  20.0  15.0  3.5  5.19   72   36   3,858   3   10  えん麦     
 検  定  普通畑         5    8.0  20.0  15.0  3.5  5.20   72   36   3,858   3    8  えん麦     
 試  験                 6    8.0  20.0  15.0  3.5  5.18   72   36   3,858   3   10  えん麦     
        (火山性土)    7    8.0  20.0  14.0  5.0  5.24   72   36   3,858   3   10  えん麦     
                        8    8.0  20.0  14.0  5.0  5.29   72   36   3,858   3   10  えん麦     
───────────────────────────────────────────────
 主産地  清里町         5    8.0  20.0  15.0  3.5  5.17   66   36   4,209   3   12  てん菜     
 適応性  普通畑         6    8.0  20.0  15.0  3.5  5.12   66   36   4,209   3    8  てん菜     
 現地選  (火山性土)   7    4.0  10.0   7.0  2.5  5.19   66   36   4,209   3   11  てん菜     
 抜試験                 8    4.0  10.0   7.0  2.5  5.24   66   36   4,209   3   11  てん菜     
───────────────────────────────────────────────
 施肥量  標準肥・密 植 7,8   8.0  20.0  14.0  5.0  7年   72   28   4,960   3                  
 および  標準肥・標準植 7,8   8.0  20.0  14.0  5.0  5.29   72   36   3,858   3  生産力検定試験  
 栽植密  標準肥・疎 植 7,8   8.0  20.0  14.0  5.0         72   44   3,157   3  に準ずる        
 度適応  多 肥・密 植 7,8  12.0  30.0  21.0  7.5  8年   72   28   4,960   3                  
 性検定  多 肥・標準植 7,8  12.0  30.0  21.0  7.5  5.30   72   36   3,858   3                  
  試験   多 肥・疎 植 7,8  12.0  20.0  21.0  7.5         72   44   3,157   3                  
───────────────────────────────────────────────
  生育   普通畑         7    8.0  20.0  14.0  5.0  5.24   72   36   3,858   2  生産力検定試験  
  追跡   (火山性土)   8    8.0  20.0  14.0  5.0  5.29   72   36   3,858   2  に準ずる        
───────────────────────────────────────────────
注 1)種いもは原則として100〜120gの大きさの塊茎を2つ切りとした。
    2)種いもは4月下旬にむろ(半地下式)から出し、植付け日まで浴光催芽室で催芽処理を行った。
    3)肥料は平成6年までは、硫安、熔過りん、硫加の単肥配合、7年以降はBB S804を用いた。
    4)堆肥を1.5t/10a施用した。
    5)萌芽前に除草剤を散布。中耕は6月下旬、培土は7月上旬に行った。




3.特性検定試験等の成績 へ
目次 へ