3.特性検定試験等の成績

1)ジャガイモシストセンチュウ抵抗性検定試験

@抵抗性検定試験

ジャガイモシストセンチュウ(Globodera rostochiensis のパソタイプ Ro1)抵抗性検定圃場において、「花標津」は7月下旬〜8月上旬の寄生度調査時にシストの寄生が認められず、9月下旬の収穫時の土壌中の卵密度は植付時の3%以下に低下し、抵抗性は“強”(抵抗性推定遺伝子型:H1)と判定される。


表III-5 ジャガイモシストセンチュウ抵抗性検定試験(中央農試)
──────────────────────────────────────────────
   系統名    試験   植付時線虫密度    収穫時線虫密度    増殖率   シスト         判  定      
   または    年次                                                 寄 生  
   品種名    (平)   シスト数  卵数    シスト数  卵数     (%)   指 数   抵抗性  遺伝子型  
──────────────────────────────────────────────
 花 標 津   6      161      149      117        2        1        0      強              
              7      229      112      224        3        3        0      強              
              8      435       91      214        0        0        0      強       H1
──────────────────────────────────────────────
 トヨアカリ   6      161      149      113        2        1        6      強              
 (比較)     7      229      112      194        3        2        0      強              
              8      435       91      341        1        1        3      強       H1
──────────────────────────────────────────────
 男  爵  薯   6      161      149      553      600      403       90      弱              
 (比較)     7      229      112      370      652      579       79      弱              
              8      435       91      362       90       99       75      弱       h
──────────────────────────────────────────────
注 1)平成6,7年は真狩村、8年は留寿都村のジャガイモシストセンチュウ抵抗性検定圃場で実施した。
    2)植付期:平成6年5月31日、7年5月24日、8年5月30日。栽植密度:72×30p(4,630株/10a)、
      施肥量:N-P2O5-K20=9.1-22.1-10.4-5.9s/10a(6年)、8.4-20.4-9.6kg/10a(7年)、
      11.2-23.8-14.0kg/10a(8年)。
    3)寄生度調査:平成6年7月26日、7年8月4日、8年8月1日。
      収穫期:平成6年9月26日、7年9月26日、8年9月18日。
    4)シスト数は乾燥土壌50g当り、卵数は乾燥土壌1g当りの数で示す。
    5)増殖率(%)=(収穫時卵数/植付時卵数)×100
    6)シスト寄生指数は、2株を抜き取り、株ごとに次の基準によりシスト寄生度を調査し、下式により算出した。
      寄生度  0:シストが全く認められない。    1:シストがわずかに認められる。
              2:シストが中程度認められる。    3:シストが多数認められる。
              4:シストが極めて多数認められる。
      シスト寄生指数={Σ(階級値×当該株数)/(調査株数×4)}×100



A発生圃場における生育および収穫物調査

ジャガイモシストセンチュウ発生圃場における、「花標津」の10a当り上いも重の3カ年の平均値は抵抗性品種「トヨアカリ」対比110%を示した。


表III-6 ジャガイモシストセンチュウ発生圃場における生育および収穫物調査(中央農試)
────────────────────────────────────────────
 系統名      試験     茎 長   株当り   上いも平  10a当り    対標   でん粉価   10a当り     
 または      年次            上いも数  均一個重  上いも重   準比             でん粉重    
 品種名      (平)     (p)      (個)     (g)        (kg)     (%)       (%)     (kg)     
────────────────────────────────────────────
 花 標 津   6       76      16.6      72        5,535     115      13.9      714     
              7       96      11.3      70        3,648     114      16.7      573     
              8       81       6.8     100        3,140     100      15.7      459     
            ──────────────────────────────────────
             平均      84      11.6      76        4,108    110      15.4      582         
────────────────────────────────────────────
 トヨアカリ   6       81       9.8     106        4,830     100      20.2      927     
 (標準)     7       95       7.9      88        3,209     100      21.7      664     
              8       83       5.6     121        3,135     100      19.8      587     
            ──────────────────────────────────────
             平均      86       7.8     103        3,725     100      20.6      726         
────────────────────────────────────────────
 男  爵  薯   6       61       7.6      81        2,843      59      14.1      372     
 (比較)     7       68      10.3      59        2,815      88      16.2      428     
              8       64       7.1      97        3,188     102      15.4      460     
            ──────────────────────────────────────
             平均      64       8.3      77        2,949      79      15.2      420         
────────────────────────────────────────────
注 1)@と同じ圃場で実施した。
  2)植付期、収穫期、施肥量、栽植密度は@と同じ。1区4.5u(平6)、4.3u(平7,8)、3反復。






2)疫病抵抗性 へ
目次 へ