2)疫病抵抗性

@茎葉の罹病経過および収量

根釧農試、北海道農試、十勝農試および北見農試における疫病無防除試験の結果、「花標津」の疫病初発生は同程度の早晩性で疫病圃場抵抗性が“中”〜“弱”の「農林1号」および「紅丸」より遅く、罹病後の病斑の拡大も「マチルダ」並に遅いことから、疫病圃場抵抗性は“ごく強”と判定される。根釧農試の疫病無防除と慣行防除における上いも重を比較すると「農林1号」は無防除では慣行防除比43〜66%と大きく減収するのに対して「花標津」では87〜96%と減収は少ない。またでん粉価の比較では「農林1号」は無防除で3ポイント前後低下するのに対して「花標津」では1ポイント未満の低下にとどまる。十勝農試では、「メークイン」の疫病無防除における上いも重は慣行防除の56〜67%に減収するのに対して、「花標津」では疫病無防除でもほとんど減収しない。
なお「花標津」は、切離葉への疫病菌(レース0)接種により抵抗性を示したことから、父親(R392-50)由来の疫病抵抗性主働遺伝子R1を保有すると推定されるが、R1を侵す疫病菌レースが広く蔓延しているのでR1遺伝子による抵抗性は期待できない。



疫病無防除栽培における「花標津」と「農林1号」との比較(写真)




表III-7 疫病無防除区における罹病葉面積率の経時的推移(根釧農試)
──────────────────────────────────────────
   試験      系統名   初発日                    罹病葉面積率(%)                     
   年次      または                     8月                       9月               
   (平)      品種名   (月日)   上旬   中旬   下旬   上旬   中旬   下旬      
──────────────────────────────────────────
     4    花標津    8.29      0        0        0        2       12       43       
           農林1号    7.31      9       60       87       96       枯       −       
──────────────────────────────────────────
     5    花標津    9. 7                               0    1     2       10       
           農林1号    8.25                              28   67    87       97       
──────────────────────────────────────────
     7    花標津    8.29      0        0     0    0      1        2                
           農林1号    7.18     20       60    80   枯     −       −                
──────────────────────────────────────────
     8    花標津    9. 7               0        0      0    0     0       10       
           農林1号    7.30              27       43     70   90    枯       −       
──────────────────────────────────────────

 注 1)植付けは平成4年5月28日、5年5月31日、7年5月26日、8年6月4日に行った。
        区制は平成4年1区20株3反復、5・7年1区30株3反復、8年1区50株3反復である。
    2)殺虫剤は慣行通り使用している。
   3)その他は生産力検定試験の耕種法に準ずる。
      4)罹病葉面積率は、目視による推定である。






図V-2 疫病無防除区と慣行防除区における上いも重とでん粉価(根釧農試)





表III-8 疫病抵抗性検定試験(北海道農試)
────────────────────────────────────────────────
 試験  系統名        初発日              罹病度            黄変期  慣行防  でん   慣行防  圃場    
 年次  または                  8月           9月               除との  粉価   除との  抵抗    
 (平)  品種名        (月日) 15日 22日 31日  7日 15日 22日  (月日)  差(日)   (%)  差 (%)  性     
────────────────────────────────────────────────
  7  花標津       8.21          0  0.5  1.5  2.5  3.0     未       0    13.7    -0.7    抵    
      男爵薯         8. 5   3.5  6.0   枯                   8.22    -10    13.3    -1.3         
      ホッカイコガネ 8. 6   1.5  4.5  5.5  6.0   枯         9.10    -15    13.2    -2.2         
      紅丸           8. 8   2.0  4.5  6.0   枯              9. 3    -25    12.8    -2.7         
      マチルダ       8.20          0    0  1.0  2.0  2.0     未       0    14.6    -0.2    抵    
────────────────────────────────────────────────
  8  花標津       9. 1             1.5  2.5  3.0    9.29      3    15.4    -0.2    抵    
      男爵薯         8.12   1.0  2.5  5.5   枯              8.23    -14    15.0    -1.4         
      ホッカイコガネ 8.16        0.5  3.5  6.0   枯         9. 9    -11    16.2    -0.2         
      紅丸           8.11   1.0  2.0  4.5  6.0   枯         9. 9   (-11)   16.1    -1.8         
      マチルダ       9. 5                    0  1.5  2.5    9.23    (-7)   15.9     −     抵    
────────────────────────────────────────────────
   注  1)植付けは平成7年5月16日、8年5月1日
    2)罹病度は0(罹病小葉率1%未満)〜6(同100%)
    3)慣行防除区が黄変期に達しなかった品種との差は( )で示した。


表III-9 疫病無防除試験(十勝農試)
────────────────────────────────────────────
 試験  系統名                      罹病葉面積率(%)         10a当り    慣行   でん       
 年次  または       処理    7月          8月          9月  上いも重  防除比  粉価       
 (平)  品種名               13日   2日   15日   28日   6日     (kg)   (%)     (%)      
────────────────────────────────────────────
  7  花標津    慣行防除    0      0                           4,863    100   14.0      
                  無防除      0      0                           4,809     99   13.8      
      メークイン  慣行防除    3     12                           3,698    100   13.0      
                  無防除     20    100                           2,074     56   12.9      
      エニワ      慣行防除    0      9                           3,427    100   17.5      
                  無防除     10     40                           2,282     67   15.4      
────────────────────────────────────────────
  8  花標津    慣行防除                  0      0     0      (3,526)  (100)  14.1      
                  無防除                    0      0     5       4,049   (115)  14.4      
      メークイン  慣行防除                  0      0     0       3,239    100   12.9      
                  無防除                   80    100    枯       2,162     67   12.6      
      エニワ      慣行防除                  0      0     0       2,726    100   18.3      
                  無防除                    8     73    95       2,538     93   17.4      
      マチルダ    慣行防除                  0      0     0       3,368    100   14.1      
                  無防除                    0      0     1       3,239     96   14.3      
────────────────────────────────────────────
 注) 平成8年の「花標津」の慣行防除区は、薬剤散布により地上部が損傷を受けた可能性がある。


表III-10 減肥料(標準栽培の半分)栽培における疫病無防除試験(十勝農試)
──────────────────────────────────────────
   系統名                罹病葉面積率(%)  株当り  上いも 10a当り   慣行  でん        
   または      処理          8月      9月  上いも  一個重 いも重   防除比 粉価 
   品種名                15日   28日   6日   数(個)   (g)   (kg)    (%)   (%)       
──────────────────────────────────────────
 花標津    慣行防除     0      0     0      12.2     57    3,080    100   14.5       
             無防除       0      1    15      11.9     58    3,086    100   14.8       
──────────────────────────────────────────
 メークイン  慣行防除     0      0     0       9.8     71    3,075    100   14.1       
             無防除      70    100    枯       9.0     62    2,481     81   14.3       
──────────────────────────────────────────
 エニワ      慣行防除     0      0     0       8.3     87    3,217    100   17.5       
             無防除       5     83    99       6.6     72    2,123     66   16.2       
──────────────────────────────────────────
 マチルダ    慣行防除     0      0     0      12.8     59    3,333    100   14.3       
             無防除       0      1    12      10.5     61    2,859     86   15.0       
──────────────────────────────────────────
       注) 試験は平成8年に実施した。施肥量は系統適応性検定試験の半分。


表III-11 疫病の発生後に薬剤散布した場合の防除効果(北見農試)
───────────────────────────────────────────────
   系統名                  防除 初発日                発病度               10a当り   フルアジ    
   または          処理    回数          7月              8月            上いも重   ナム比     
   品種名                  (回) (月日)   下旬   上旬   中旬   下旬     (kg)   (%)    
───────────────────────────────────────────────
 花標津    フルアジナム    1            0     0     0     1.6     23.1     3,440      100     
             マンゼブ        1   8.15     0     0     0     1.8     26.6     3,405       99     
             無防除          0            0     0     0     1.9     28.0     3,321       97     
───────────────────────────────────────────────
 男爵薯      フルアジナム    4            2.7  19.9  20.5  35.7      枯      4,016      100     
             マンゼブ        4   不明    11.4  26.1  36.5  81.9      枯      2,632       66     
             無防除          0           30.6  86.2  93.9   枯       −      1,975       49     
───────────────────────────────────────────────
 メークイン  フルアジナム    4            3.4  25.0  34.9  49.2      枯      3,127      100     
             マンゼブ        4   7.11     8.2  25.5  33.3  78.8      枯      3,013       96     
             無防除          0           27.2  67.8  92.5   枯       −      1,771       57     
───────────────────────────────────────────────
 紅丸        フルアジナム    5            1.6   1.9  14.4  29.0     37.3     4,419      100     
             マンゼブ        5   7.11     2.7  12.5  28.5  57.7     69.2     4,181       95     
             無防除          0           13.0  34.2  68.0  97.1      枯      2,662       60     
───────────────────────────────────────────────
 マチルダ    フルアジナム    2            0     0     0     0.5      2.4     3,086      100     
             マンゼブ        2   8. 2     0     0     0     0.8     10.9     3,178      103     
             無防除          0            0     0.3   0.3   2.1     18.9     3,319      108     
───────────────────────────────────────────────
    注  1)フルアジナム:フルアジナム水和剤 1000倍                          
          マンゼブ:マンゼブ水和剤 500倍
        2)植付けは平成7年5月12日、栽植密度は畦幅73cm、株間38cm、10a当り株数は3,605株である。
      施肥量 N-P2O5-K20-MgO = 8.0-16.0-11.2-4.0 kg/10aである。
        3)発病度は株ごとに次の基準により罹病程度を調査し、下式により算出した。
         0:発病なし
         1:1/4程度の葉が発病
         2:ほぼ1/2の葉が発病、ときには一部の葉が枯死する
         3:ほとんどの葉(3/4程度)が発病、枯死葉がかなり多く(1/2程度)みられる
         4:葉はほとんど(3/4以上)枯死、ときには茎部も枯死する
          発病度={Σ(階級値×当該株数)/(調査株数×4)}×100






A塊茎腐敗抵抗性検定試験

「花標津」の塊茎腐敗率は、「エニワ」よりやや高く「紅丸」並であった。供試年全体を通して腐敗発生が少なく、“中”以上の抵抗性を持つ供試材料の相対的な強弱を判定するのは難しいが、「根育29」号の塊茎腐敗抵抗性は“やや強”と判定される。

表III-12 塊茎腐敗抵抗性検定試験(十勝農試)
──────────────────────────────────────────────
          年次(平)          総 合      
 系統名             腐敗率    判定      腐敗率    判定      腐敗率    判定                 
 または品種名       (%)               (%)               (%)                 判 定      
──────────────────────────────────────────────
 花標津              2.1     強          2.1     中          0.2   やや強       やや強     
 男 爵 薯(比較)      4.7     中          1.8     中          5.2   やや弱        (弱)       
 農林1号(比較)      2.2     強          0.6   やや強        0.0     強          (中)       
 紅    丸(比較)      3.6   やや強        0.3   やや強        0.3   やや強      (やや強)   
 エ ニ ワ(比較)      0.0     強          0.0     強          0.7   やや強        (強)       
──────────────────────────────────────────────
注)  比較品種の総合判定は、ばれいしょ種苗特性分類における階級値による。この階級値に基づき、
     相対的に「花標津」の抵抗性を判定した。






3)ウイルス病抵抗性検定試験 へ
目次 へ