3)ウイルス病抵抗性検定試験

@葉巻病

「花標津」の葉巻ウイルスの自然感染による当代の病徴は弱〜中であり、発病株率は「農林1号」並かやや高く、抵抗性は“弱”と判定される。

表III-13 葉巻病抵抗性検定試験(中央農試)
──────────────────────────────────────────────
         年次(平)             判定         
 系統名            発病株率  病徴   発病株率  病徴   感染株率  病徴      病徴    抵抗性      
 または品種名         (%)              (%)              (%)                                  
──────────────────────────────────────────────
 花標津              23     弱        10     中        10     無      弱〜中     弱        
 男 爵 薯(比較)       0     無         0     無        30     弱      弱        (弱)       
 農林1号(比較)       7     弱        10     強        20     弱      弱〜強    (弱)        
──────────────────────────────────────────────
注 1)平成8年はELISA検定による感染株率を示す。
    2)エスケープと思われる年次が多いので、比較品種の判定はばれいしょ種苗特性の分類の区分を
      ( )内に示した。



AYモザイク病

「花標津」のジャガイモYウイルス接種による接種当代の病徴は弱く、接種により容易に感染しているので抵抗性は“弱”と判定される。

表III-14 Yモザイク病抵抗性検定試験(中央農試)
──────────────────────────────────────────────
           年次(平)                                   判定              
 系統名または品種名       病徴           病徴           病徴             病徴    抵抗性    
──────────────────────────────────────────────
 花標津                 弱             弱             弱               弱      弱        
 男 爵 薯(比較)          強             弱             弱              (弱)    (弱)      
 農林1号(比較)          強             弱             無              (強)    (中)      
──────────────────────────────────────────────
注 1)網室内で鉢植えし、草丈10〜20pに達したときに、各系統または品種6株にジャガイモYウイルス
     (普通系統)を1株につき3複葉に汁液接種し、4株を無接種の対照とした。
    2)判定は接種葉と未接種葉(展開葉)に現れた病斑で行った。
    3)病徴は、強、中、弱および無病徴に分類した。
    4)比較品種の判定については、病徴は既往の知見、抵抗性はばれいしょ種苗特性の分類の区分を(  )
      に示した。





Bウイルス病の次代検定

「花標津」の自然感染におけるウイルスの病徴は、れん葉モザイクは「男爵薯」および「農林1号」より少なく、縮葉モザイクはみられない。また、「男爵薯」および「農林1号」でみられる矮化症状はみられない。罹病度は「男爵薯」および「農林1号」より低く、欠株率はきわめて低い。

表III-15 次代検定によるウイルス病抵抗性検定試験成績(岩手県農試)
───────────────────────────────────────────────
   系統名     試験                  病徴別発現割合(%)                罹病度 欠株率    罹病   
   または     年次  無病徴  葉巻  れん葉  縮葉   葉脈間 矮化  葉脈間                  程度   
   品種名     (平)               モザイクモザイク えそ         黄化            (%)    判定   
───────────────────────────────────────────────
 花標津      7     19     61      0      0     20      0      0     67     1.7    やや高  
               8     72     24     24      0     24      0      3     21     3.3    やや低  
            ─────────────────────────────────────────
              平均    46     43     12      0     22      0      2     44     2.5      中   
───────────────────────────────────────────────
 男 爵 薯      7      6     62     87      4     23     64     74     73    21.7    やや高  
 (比較)      8     24      5     61     54      5     39      0     43    31.7      中   
            ─────────────────────────────────────────
              平均    15     34     74     29     14     52     37     58    26.7      中   
───────────────────────────────────────────────
 農林1号      7      0     37     95      0      0     74     63     92    68.3   ごく高  
 (比較)      8     17     23     19      2      4     20      0     66    20.0    やや高  
            ─────────────────────────────────────────
              平均     9     30     57      1      2     47     32     79    39.2    やや高  
───────────────────────────────────────────────
 金 時 薯      7      0     55     57      0      2     83     80     67     0.0    やや高  
 (比較)      8     26     72     72     72     72     72     72     64    16.7    やや高  
            ─────────────────────────────────────────
              平均    13     64     65     36     37     78     76     66     8.4    やや高  
───────────────────────────────────────────────
 Saco      7      0     96      2      0     82     26      4     47    16.7      中   
 (比較)      8     26     68     68      4     63      4     68     49     5.0      中   
            ─────────────────────────────────────────
              平均    13     82     35      2     73     15     36     48    10.9      中   
───────────────────────────────────────────────
 Essex    7      9     16     95      0      0     16     32     43     6.7      中   
 (比較)      8     54     39     39     20      0      5      0     39     1.7    やや低  
            ─────────────────────────────────────────
              平均    32     28     67     10      0     11     16     41     4.2      中   
───────────────────────────────────────────────
 Fortuna       7     64      0     27      9      0     11     16     23     8.3    やや低  
 (比較)      8     83      0      5      7      0     10      5     13     0.0      低   
            ─────────────────────────────────────────
              平均    74      0     16      8      0     11     11     18     4.2      低   
───────────────────────────────────────────────
注 1)1年目に1畦おきにウイルス罹病株を植え、アブラムシを防除せずウイルス感染の機会を与えた。
      各系統・品種20株から1株当り5塊茎を採種。2年目に20株から採種した5塊茎のうち3塊茎
      (計60個体)を植付けた。
  2)複合感染により病徴が重複している場合があるので、病徴発現割合の合計は100を超えている。
  3)罹病度は、萌芽個体の地上部の生育量を以下の罹病級数に分け調査した。欠株をウイルスによる出
      芽抑制とみると罹病度はさらに高まる。
    罹病級数 0:健全 1:軽度 2:中程度 3:重度 4:甚
   罹病度={Σ(階級値×当該株数)/(調査株数×4)}×100
    4)罹病程度判定は罹病度を下記の基準によって区分したものである。
        ごく低:10未満  低:10〜19  やや低:20〜39   中:40〜59
        やや高:60〜79  高:80〜89   ごく高:90以上






4)青枯病抵抗性検定試験 へ
目次 へ