4.品質調査成績

「花標津」の塊茎は、淡赤皮・淡黄肉で従来の品種との差別化が容易である。調理後黒変がやや目立つことがあるものの、煮くずれが比較的少ないことから家庭での一般の煮物料理に向いている。目が深い点については、小粒の塊茎ならば肉類の付け合わせやスープなどに皮付きのまま丸ごと利用すれば、問題は少なく、赤皮という特性も活かすことができる。加工業者等による調理加工調査やアンケート調査の結果については、参考資料として成績書の最後に掲載した。「男爵薯」より粉質度がやや低く、煮くずれは少ないという評価が多い。調理後黒変についての問題を指摘したり、食味が「男爵薯」より劣るとする加工業者はなく、総合的な評価はおおむね良好である。
疫病抵抗性の弱い品種は、疫病に罹病すると収量ばかりでなくでん粉価やビタミンC含量など品質も低下するが、「花標津」では疫病無防除栽培でも、でん粉価やビタミンCの低下はほとんどみられない。
安全で健康によい食品が特に求められる学校給食や病院などでの利用、あるいは今後増えることが予想される有機農産物を取り扱うスーパーやレストランを通じて一般の消費者へと需要が切り開かれる可能性がある。


1)根釧農試における調理加工適性調査

根釧農試における水煮適性調査では、「花標津」の水煮後の肉色は淡黄色であり、白肉の「男爵薯」および「農林1号」とは異なる。剥皮褐変は「男爵薯」および「農林1号」よりやや少ないものの、業務用などに有利といえるほどではない。肉質は「男爵薯」よりは粉質度は低いが、粘質ではなく中である。調理後黒変は「男爵薯」より多く「農林1号」より少ない。煮くずれは、「男爵薯」よりやや少ない。舌ざわりは「農林1号」ほど粗くなく「男爵薯」並である。食味は「男爵薯」並かやや劣り、「農林1号」並である。
油加工については、ポテトチップの褐変が「トヨシロ」より常に多く、油加工適性は低い。

表III-21 調理(水煮)適性調査(根釧農試)
───────────────────────────────────────
 系統名        調査    水煮  剥皮   肉質   調理後  煮く   舌ざ   食味   総合
 または        時期    後の                                                 
 品種名        (年月)  肉色  褐変           黒変   ずれ   わり          評価
───────────────────────────────────────
 花標津     5年10月  淡黄   −     粉      無     無   やや滑   中     ◎ 
              6年10月  淡黄   −   やや粘    少     中     滑     中     △ 
              6年 2月  淡黄   中     中      中     少     中     中     △ 
              7年10月  淡黄   少     中      微     少     中     中     ◇ 
              8年10月   黄    微     中      多     少     中     中     △ 
      ─────────────────────────────────
               判 定   淡黄   少     中    やや少   少     中     中     △ 
───────────────────────────────────────
 男爵薯       5年10月   白    −   やや粉    無     無     滑     上     ◎ 
              6年10月   白    −   やや粉    少     多     中     中     ◇ 
              6年 2月   白    多     中      少     少     中    中上    ○ 
              7年10月   白    甚     中      微     少     中     中     △ 
              8年10月   白    中     中      中     中     中     中     ◇ 
      ─────────────────────────────────
               判 定    白    多   やや粉    少     中     中    中上    ◇ 
───────────────────────────────────────
 農林1号     6年 2月   白    甚   やや粉    中     少   やや粗   中     △ 
              7年10月   白    少   やや粉    中     少   やや粗   中     △ 
              8年10月   白    中     −      多     多     −     −     △ 
      ─────────────────────────────────
               判 定    白    中   やや粉    中     中   やや粗   中     △ 
───────────────────────────────────────
注) 総合評価欄 ◎:良、○:やや良、◇:中、△:やや不良、×:不良
     下表も同様。


表III-22 加工(ポテトチップ)適性調査(根釧農試)                                          
───────────────────────────────────────
 調査時期     系統名        色      乾湿     味      外観    アグトロン値  評価 
 (年月日)   または品種名                                                             
───────────────────────────────────────
 早掘り収穫後 花標津     黄褐      乾      中       中       20.3     ◇ 
 (元.9.18)    トヨシロ      黄       乾      良       良       36.4     ◎ 
              ワセシロ     淡黄      乾      良       良       29.1     ◎ 
              男爵薯       淡褐      乾      良       良       17.5     ◇ 
              農林1号     黄(褐)    乾    やや良     良       29.3     ○ 
───────────────────────────────────────
 枯凋期収穫後 花標津     黄褐      乾    やや否     中       16.5     ◇ 
 (元.10.17)   トヨシロ      黄       乾      良       良       28.5     ◎ 
              ワセシロ      褐       乾    やや良   やや良     19.5     ○ 
              男爵薯       濃褐      乾    やや否   やや否     14.8     △ 
              農林1号     淡黄      乾      良       良       33.5     ◎ 
───────────────────────────────────────
 貯蔵後       花標津     濃褐      乾      否       否       10.7     × 
 加温処理     トヨシロ      褐       乾      中       中       13.2     ◇ 
 (2.2.28)     ワセシロ      褐       乾      否       否        7.0     × 
              男爵薯        褐       乾      否       否        7.1     × 
              農林1号      黄       乾    やや否   やや否     20.8     ◇ 
───────────────────────────────────────
注 1)貯蔵後加温処理の材料は、収穫後から平成2年2月7日まで4℃の恒温室で貯蔵し、
      その後2月28日まで20℃で21日間加温処理を行った。
    2)アグトロン値は光質グリーンで測定した(値が大きいほどチップ色は淡い)





2)塊茎の成分

@既存品種との比較

「花標津」の塊茎の成分は、ビタミンCは「男爵薯」および「農林1号」よりやや多いが、「キタアカリ」より少ない。蛋白質は「農林1号」よりやや多く、「キタアカリ」および「男爵薯」並である。


表III-23 塊茎成分の分析結果(中央農試)
──────────────────────────────────────────────
 系統名             乾物率  ビタミンC  蛋白質              乾物塊茎中の成分(%)                         
 または               (%)  (mg/100g    (%FW)   N       P       K      Mg       Ca       
 品種名                           FW)                                                        
──────────────────────────────────────────────
 花標津              25.0     18.4     1.82     1.17     0.15     1.42    0.081    0.010   
 男爵薯(比較)        22.7     15.3     1.87     1.32     0.16     1.62    0.089    0.011   
 農林1号(比較)      24.8     12.8     1.57     1.01     0.17     1.74    0.070    0.005   
 キタアカリ(比較)    22.3     28.1     1.78     1.28     0.16     1.73    0.089    0.007   
──────────────────────────────────────────────
注 1)供試材料は平成7年根釧農試産。「花標津」は生産力検定試験、他の品種は品種保存。
    2)分析は平成7年11月に中央農試品質評価科が行った。




A疫病無防除栽培における成分

慣行防除栽培と疫病無防除栽培における塊茎内の成分を比較した結果、「農林1号」では疫病無防除栽培によりビタミンCが低下するが、「花標津」では低下は認められない。また、「農林1号」は疫病無防除栽培で蛋白質の増加が認められるが、「花標津」ではやや減少する。
「男爵薯」および「メークイン」についても疫病無防除栽培によりビタミンCの低下が認められるが、「花標津」には低下は認められない。


表III-24 防除処理の違いと成分(中央農試)
────────────────────────────────────────────
 系統名                年次   でん粉価    乾物率   ビタミンC   蛋白質   遊離アミノ酸   
 または       処理                                                                        
 品種名                  (平)     (%)       (%)  (mg/100gFW)     (%)   (mg/100gFW)  
────────────────────────────────────────────
 花標津     慣行防除   4      15.1       23.4       23.0       1.94       (186)       
                         5      13.8       21.4       12.6       1.46        −           
                         7      15.8       25.0       18.3       1.85        632         
                         8      15.5       22.4       15.4       1.65        −          
                      ─────────────────────────────────
                       平均     15.1       23.0       17.3       1.73        −          
            ──────────────────────────────────────
              無防除     4      14.6       23.7       23.0       1.89       (208)       
                         5      13.5       21.1       11.9       1.37        −           
                         7      15.7       23.6       19.5       1.79        604         
                         8      15.2       20.9       14.4       1.53        −          
                      ─────────────────────────────────
                       平均     14.8       22.3       17.2       1.65        −          
────────────────────────────────────────────
 農林1号     慣行防除   4      18.6       26.6       21.7       1.74       (289)       
                         5      17.1       17.3       13.7       1.80        −           
 (比較)                7      17.7       26.7       16.1       1.76        790         
                         8      17.4       24.8       14.2       1.36        −          
                      ─────────────────────────────────
                       平均     17.7       23.9       16.4       1.67        −          
            ──────────────────────────────────────
              無防除     4      14.1       21.8       17.5       2.04       (327)       
                         5      14.4       13.6       10.6       1.61        −           
                         7      14.3       21.5       14.1       2.09      1,031       
                         8      14.0       21.0       12.2       1.65        −          
                      ─────────────────────────────────
                       平均     14.2       19.5       13.6       1.85        −          
────────────────────────────────────────────
注 1)供試材料は根釧農試産。分析は各年次11月に中央農試品質評価科が行った。
    2)でん粉価は根釧農試測定値。
    3)平成4年の遊離アミノ酸欄のデータは、煮汁100ml中の含量(mg)。





表III-25 防除処理の違いと成分(中央農試)                                                  
──────────────────────────
 系統名                  でん粉価    ビタミンC     
 または       処理                                  
 品種名                        (%)  (mg/100gFW)    
──────────────────────────
 花標津     慣行防除     15.4          16.5       
              無防除       14.3          17.7       
──────────────────────────
 男爵薯       慣行防除     15.1          12.9       
 (比較)     無防除       11.9          11.7       
──────────────────────────
 メークイン   慣行防除     14.8          21.6       
 (比較)     無防除       11.3          12.7       
──────────────────────────
注 1)供試材料は平成3年根釧農試産。分析は11月に中央農試品質評価科が行った。
    2)でん粉価は根釧農試測定値






5.系統適応性検定試験成績 へ
目次 へ