] 栽培技術
 さつまいもは、たいへんポピュラーな作物で、プロの農家ばかりでなく小学校などの教材としても栽培されていますし、一般の家庭菜園でも根強い人気があります。さつまいもの栽培技術については、最終頁の引用文献で紹介したような多くの優れた専門書が出版されていますので、ここでは一般の方にも分かりやすいよう、ごく簡単にポイントをまとめてみました。

1.育苗
(1)種いもの条件
 あらかじめ品種の特性を十分に調査して栽培目的にそった品種を選定する。種いもは、形、皮色、揃いなど品種の特性をよく表していること、無病健全であること、200〜300g程度の適度な大きさであることなどに注意して種いもを準備する。

(2)種いもの量
 栽培品種によって必要量は異なるが、一般には10a当たり40〜80sの種いもを準備することが必要である。品種によって、萌芽性、萌芽数、苗の伸長速度に大きな差があり、例えば農林1号と高系14号とを比較すると、同時期に育苗を始め、植付けを完了するためには、後者は前者の3倍の種いもが必要となる。また、大きな種いもや狭い苗床の場合、床土が不良、採苗時期が早く採種回数が少ない場合、植付け本数が多い場合は多量の種いもを準備する。

(3)種いもの消毒
 無病の種いもを確保しても、貯蔵中に黒斑病や低温、むれなどに犯されていることが多いので、必ず消毒をして利用するのが原則である。消毒には、温湯消毒法と薬剤消毒法があり、前者は47〜48℃の温湯に正確に40分間浸す。後者は、ベノミル剤等を利用する。

(4)催芽処理
 種いもが萌芽原基から萌芽するまでは高めの温度と適当な湿度を与え、萌芽後は比較的低い温度で育苗し、良質健苗にする。萌芽は適度な温度と湿度があれば数日で終了する。個人的な小規模催芽には、イネの育苗器を利用すると簡単であるが、集団・共同で行なう大規模催芽処理には、キュアリング貯蔵庫を利用する。
催芽温度は品種によって異なるが、概ね30℃前後であり、3〜5日間の処理で芽が10mm程度の長さをめやすとする。

(5)苗床作り
 植付け時期から苗床作りの時期を決める。苗床の種類によって1週間程度の幅があるが、種いも伏込みから第1回の採苗までの標準的な育苗日数は40〜50日である。

(6)伏込み
 種いも頂部の高さをそろえ、大きい種いもは床温の高い中央部に、小さい種いもは苗床の周囲の比較的低温部に、尾部を床土の中へ15度程度の角度になるように伏せこむ。伏込み後は、頂部が隠れる程度に覆土し、微温湯で充分に潅水する。
 覆土した上に燻炭を1u当たり5〜7リットル散布し、その上に放熱と乾燥防止を兼ねてわらで床面を覆う。

(7)苗床の施肥
 施肥量は、床土の肥沃度によって大きく異なり、露地苗床や冷床苗床のように、普通の畑土を利用する場合は、概ね1uあたり堆肥6s、窒素20g、りん酸10〜15g、カリ15〜20gを基準とする。前年秋に準備した肥沃な床土を使う場合には、特に肥料を施す必要はなく、苗の生育状況をみながら追肥する。新たに苗床を作る際の床土は堆肥を混合し、1u当たり窒素100〜150g、りん酸100〜150g、カリ150〜200g程度を施用する。

(8)育苗管理
 苗床は萌芽するまでは比較的高温に管理し、萌芽後、生育中は日中22〜25℃、夜間18℃程度とする。萌芽して生育が始まれば、徐々におおいを取り除き、苗長5cm程度では日中2〜3時間、10cm程度ではおおいを除いて日光を十分に当てる。床土の水分は手で固めた土が崩れない程度の70%前後が適切である。

 追肥は、苗の生育をみながら窒素を1回に1u当たり5〜10gを上限に施肥する。なお採苗する3日前に尿素1%液を1u当たり1.0〜1.5リットル散布すると活着が早まり初期生育が良好となる。
 育苗中には軟腐病、黒斑病、ウイルス病、蔓割れ病の他にイモコガ、ナカジロシタバなどの被害があるので以下の表に示したような方法で防除に努める。

(9)採苗
 萌芽から成苗までの日数は、品種や苗床の種類などによって異なるが平均すれば40日前後であり、普通、苗長25〜30cmで7〜8節、葉が充分に展開しているものを成苗とする。採苗は、ナイフなどで地ぎわの1〜2節を残して1本ずつていねいに切り取る。

 採苗回数は、育苗法、苗床面積、栽培面積などで左右され、早掘り栽培などでは、3〜4回、普通栽培では5〜6回の採苗が普通である。品質は最初の苗よりも2〜4番の苗の方が良質で、5回目以降は繊維が増えて品質が劣化する。苗はベノミル剤や温湯消毒によって消毒する。苗は風のない日陰で4〜5日、湿度があれば1週間程度は保存できる。


○ 苗床の種類と採苗(第1回)までの日数

タイプ

特 徴

日 数

露地苗床・冷床苗床

西南暖地向き。暖かい場所で自然の熱を利用して育苗。省力・低コストだが、日数がかかり、萌芽ぞろいも悪い。

55日以上

ビニール利用冷床苗床

冷床苗床にビニールフィルムを被覆して苗床の気温地温を高めたもの。簡易な醸熱温床との併用で関東地方まで利用が可能。

45〜55日

催芽ビニール冷床苗床、催芽ハウス利用苗床

種いもを催芽して、ビニール冷床やハウス内苗床に移植する。苗床を早めに作り、苗床温度を高めておくことがポイント。

40〜45日

醸熱温床苗床

稲わら、麦稈、落葉、堆厩肥、米ぬかなどを踏み込んで発熱させ、高温条件下で萌芽育苗する。早期植付にも対応可。

40日前後

電熱温床苗床

温床線の電熱で温度を保持して萌芽・育苗する。容易に萌芽、育苗適温が得られ、設備費はかかるが計画的な育苗が可能。

40日前後

ハウス育苗床

加温式ハウス内での冷床苗床と無加温式ハウス内での電熱・温湯による温床苗床がある。大型のため熱効率が高く、大型団地向き。

40日前後
 注:面積は種いも準備量80s/10a、栽植本数5000本、採苗4回で計算したもの


○ 苗床での病害と対策

病害虫

対 策

軟腐病

床土の表面が白いクモの巣状となり、種いもは軟らかく腐敗する。発見しだい種いもを除去しベノミル剤を潅注する。

黒斑病

苗の基部に黒色の斑点が現われ、葉は黄色くなり伸長が悪くなる。発見すればただちに種いもを除去し、基部5〜6cmを残して採苗し、苗は基部の5cm程度を47〜48℃の温湯に15分間正確に浸漬する。または、ベノミル水和剤500倍液に20分間浸漬する。

ウィルス病

葉が奇形になり、縮んでしぼり状となるので除去する。

蔓割病

葉が黄化し厚くなり曲げると破れ光沢が出てくる。茎に割れ目ができることもあり、発見しだい除去して焼却する。

イモコガ・ナカジロシタバ

イモコガは葉が巻き、ナカジロシタバは葉を食害するので、早期発見に努め殺虫剤を散布する。



2.圃場の準備
(1)土壌消毒
 さついまいもにはネコブセンチュウ、ネグサレセンチュウなどの土壌病害虫の被害があり、初期生育の遅れや栄養障害症状となるだけでなく、いもが奇形になったり、いもの表面に褐色〜黒褐色の斑点ができて青果用では商品価値がなくなる。
 これを回避するためには、抵抗性品種を選び、連作をさけ、ラッカセイなどの拮抗作物を栽培するなどの方法がある。青果用の栽培ではクロルピクリン、DD剤等による土壌消毒も行われている。

(2)耕起・整地・施肥
 耕起は、耕土を軟らかくして、通気性と水はけを良好にすると同時に、雑草の発生を防止する効果が高い。ただし、火山灰土地帯ではかえって干ばつ害を受けやすくなり、年によっては減収することもあるので、ロータリー耕などでの過剰な耕起細土はさける。逆に粘質土地帯では、耕起は必須条件となる。耕起のさい、堆肥、石灰、りん酸などを全面散布すると作業能率が向上する。

(3)畦つくり
 肥沃地や多湿地は高畦とし、やせ地や乾燥地は低畦とする。高畦は土壌の通気性を良好にし、葉の受光態勢を向上するとともに地温較差を大きくして地上部の生育が抑えられ増収するのみならず、蔓刈りなどの収穫・掘取り作業が容易となる。ただし、高畦はやせ地や乾燥地では減収することとなるので注意が必要である。青果用では、ポリフィルムを用いたマルチ栽培が多い。

3.植付け
(1)時期
 さつまいもは地温18℃以上であれば早植えほど収量性は高いが、早すぎて地温が低いと塊根の分化が順調でなく、いも梗は長く、いも個数は減少し、形状は不揃いとなる。また、いもの着生範囲が広くなるため収穫掘取り作業の能率が低下するばかりか傷いもが多くなって商品価値が低下する。

 早植えの限界は、同じ地帯でも土壌などによって相当の差があり、砂土、砂壌土や南面の傾斜地では早く、火山灰土、沖積土や北面の傾斜地では遅くなる。一般的には、九州など西日本では4月下旬から5月上旬、関東など東日本では5月中旬から下旬、東北では6月上旬である。ただし、早植えに伴って前作との競合や雑草防除などの労力が増えることにも留意する必要がある。
 一方、植付け時期が、関東地帯では6月、西日本では6月中旬〜下旬以降にまで遅くなると減収するため、植付本数を増やすなどの工夫が必要となる。

(2)植付け方法
 苗の植付け方法には、水平植え、改良水平植え、舟底植え、釣針植え、斜め植え、直立植えなどがあるが、いものつき方や土壌の性質、苗の素質などとの関係を考えて、できるだけ植え傷みの少ない方法を採用する必要がある。
 水平植え、改良水平植えは、大苗を疎植し、各節にいもを付けるので露地育苗などで素質の良好な苗でなければならず、西日本などの暖地向きである。これに対して釣針植え・斜め植え・直立植えは、いも個数を制限して肥大を促進させる早掘栽培に利用され、関東のように短い太い苗を密植する小苗密植栽培地帯に有効な方法である。
 なお、植付けを機械化することによって、省力化が大きく進むことから挿苗機の開発が行われているが、現時点では作業効率が人力の2倍程度であり、今後の改良が期待されている。

○ 植付け方法と特徴

植付け方法

概 要

長所と短所

水平植え

苗の各節へのいも付きをよくするため苗を浅く水平に植付ける。

いもは付きやすいが乾燥しやすく活着が悪い。

改良水平植え

苗の活着を良好にするため、切り口を地中深く植え込む。

いも付きが良く乾燥に強いが植付け能率が劣る。

舟底植え

苗の中央部をやや深く舟底形に植付ける。

植付け能率が高く、植え痛みも少ないが、いも個数が多く揃いが悪い。

釣針植え・斜め植え・直立植え

早掘用などのマルチ栽培に苗を釣針形、斜ざし、直立ざし に植付ける。

いもは、苗の浅い1〜2節に付き、個数が少ない。



(3)栽植密度
 品種固有の繁茂の程度、畑の肥沃度、耕土の性質、利用目的などによって異なるので地域によって大きく異なるが、概観すれば原料用の場合には10a当たり4000〜5000本、青果用では3000〜4000本程度で、畦幅は70cm〜100cm、畦高は20cm〜35cm、株間は25〜40cm程度が標準となっている。

 今後は、農作業の機械化が重要であることから、挿苗や収穫の機械化を進めるため、畦幅90cm、畦高20cm〜30cm、株間25cm〜40cm(セル成形苗の場合は15cm)へと栽培様式の標準化を進めている。

4.施肥
(1)施肥量
 さつまいもは、窒素に対して最も敏感であり、次いでカリ、りん酸の順である。試験データによれば、1tのいもを生産するのに必要な窒素は3.4s、りん酸2.0s、カリ9.0sであり、カリの吸収量が特に大きい。他の作物と比べても窒素とカリ無施用による減収率が高い。また、堆肥の施用による増収効果は極めて高いことが知られている。その反面、特に窒素過多では「つるぼけ」を起こし、いもの形成が不良となり肥大生長が阻害されて収量低下が著しい。
 普通栽培の適量基準は10a当たり窒素3〜6s、りん酸4〜8s、カリ8〜12s程度である。
 特に、いもから発根した根がカリを吸収して肥大するといわれ、いもの肥大を良好にするためには、生育後期まで順調に吸収できるように、深層まで土壌中のカリ濃度を高めるよう施肥しておくことが大切である。

○ 施肥の効果

窒 素

窒素は地上部の生育と乾物生産を促進し、いもの肥大を良くして収量を高めるが、施用過多では地上部が過繁茂になってつるぼけし、収量の低下が著しい。このため品種ごとの反応、畑の肥沃程度、植付け時期等を検討して適切な施肥量を決定することが大切である。

りん酸

さつまいもは、りん酸の吸収が少なく、収量への影響は少ないが欠乏すると葉が濃緑色となって地上部の生育が悪くなり、多用によりいもの形が長く、でん粉含有量が増加し、蒸しいもの肉質が粉質となって甘味が増し、貯蔵性が向上する。

カ リ

カリは、いもの肥大に大きく影響を与える成分である。多いと同化産物の移動が速やかになり、葉の光合成能力を高め、いもの肥大を良好にする。ただしカリと窒素の比率がおよそ3対1の割合が好適である。



○ つるぼけ
  • 茎葉が地表を広くおおい、光合成を行なって炭水化物を根に蓄積するが、茎葉が繁茂しすぎると塊根が太らなくなる。この現象が「つるぼけ」である。
  • つるぼけは茎葉の生長に炭水化物が奪われ、塊根へ炭水化物の転流が少くなる現象で、元肥に窒素を施しすぎたり、植付け後の塊根の分化期に速効性の窒素が効きすぎた時、地上部の茎の節から多くの根が出過ぎた時に起こりやすい。
  • 最適な葉と茎の量を保つように適切な窒素施用を行ない、過度の繁茂をさけることが大切である。


(2)施肥方法
 施肥のポイントは、さつまいもの生育に合わせることで、窒素は生育初期〜中期の地上部の生育の盛んな時期に充分吸収させ、後期には吸収を抑えてもいもの肥大を促す。りん酸は初期に充分吸収させて根張りをよくし、カリは全期間吸収できるようにするため、深層施肥や緩効性肥料を使用する。実際の施肥にあたっては、粘質土、壌土地帯は元肥を基本とし、砂土、砂壌土地帯は流亡対策として分施を重視する。

(3)堆きゅう肥の効果
 堆きゅう肥の施用は肥料成分と土壌の物理性改善の相乗効果により、他作物に比べてきわめて高い効果をもたらす。肥料成分は流亡も少なく、緩効性であるため、いもの肥大と茎葉の生育の両方に平均的に効いてくる。物理性については、通気性と保水力の改善により過乾・過湿が矯正され、根群の発達が促進される。このほか、堆肥は微生物活動の活性化や微量要素の補給という効果もある。
 施用は1t以下は畦づくりの時に溝へ施し、1t以上の場合には耕起前に全面散布する。

5.生育中の管理
(1)除草
 地上部が「ほふく性」で地表面をおおうため、一般的には雑草に強い作物であるが、植付けてから40〜50日の間は地表面が露出しているため、放置すると雑草が発生し、いもの肥大が抑制される。ほとんどの雑草が、耕起・畦つくり後10〜20日間で発生することから、植付け前に除草剤を利用して防除するのが効果的である。
 露地栽培では、除草を兼ねて中耕・培土などの管理作業を行う。

(2)中耕・培土
 中耕・培土は、地上部の生育を盛んにして、いもの肥大を良好にし収量を高めるとともに雑草防除の効果が大きいので、植付け後30日以内に1〜2回行う。具体的には、カルチベーターや畦間管理ローダーで軽く耕うんし、雑草を押さえ、第1回目は小型培土板で軽く培土し、第2回目は大培土板または畦立て機を用いて苗の植付け部分の上まで充分に培土する。なお、マルチ栽培では中耕・培土の必要はない。

○ 中耕・培土の効果
  • 雑草の発生を抑える。
  • 保水力、通気性を増し、雨水の土中への浸透を良好にする。
  • 肥料の分解を早めて吸収を容易にし、新根の発生を促進する。
  • 畦高が高くなり、受光態勢がよくなる。
  • 地温の日較差が大きくなり、同化作用が増大する。
  • いもの着生範囲が広くなり、生育やいもの肥大が促進する。


(3)追肥
 元肥を充分施しておけば、一般に追肥の必要は少ないが、砂質土や高温・多雨地帯で肥料分の流亡が多い露地栽培の場合には苗が活着し、いもになる根が分化する植付け後30日前後を目途に、中耕・培土を兼ねて追肥を行うと良い。
 追肥はつるぼけを誘発しないように、窒素で1.0〜1.5s以内とし、カリを窒素の3倍量とする。

(4)病害虫防除
 さつまいもは生育期間中の病害虫の発生は比較的少ないが、病害としては蔓割病、立枯病、黒斑病、黒星病など、害虫としてはイモコガ、ナカジロシタバ、コガネムシ類、ネコブセンチュウ、ネグサレセンチュウなどの被害があるので、発生予察に注意して防除する。

6.収穫
(1)収穫
 さつまいもの収穫時期は、いもの肥大の程度と利用目的によって左右される。食用では、高級野菜としての極早掘り、野菜用の早掘り、中掘り、普通掘り、貯蔵用掘りなどの種類があり、市場価格の動向に応じて収穫する。でん粉原料用では、工場の操業期間との関係から、早生、晩生品種を組み合わせ、関東では10月中旬〜11月上旬、九州では10月上旬〜11月下旬となる。

○ さつまいもの生育型

南 方 型
(九州、四国)

植付け後の地上部の生育がゆるやかで9月上〜中旬に地上部が繁茂期となる。いもはこの頃から急速に肥大して茎葉が黄変して落葉枯死するまで肥大を続け、でん粉歩留まりの最高は10月下旬〜11月上旬となる。

北 方 型
(関 東)

植付け直後から急速に地上部が生長して早く繁茂期に達し、収穫期にも茎葉の黄変、落葉は少ない。いもは7月中旬頃から急速に肥大し、8〜9月の2ヶ月で概ね7割の肥大が確保される。



(2)収穫方法
 収穫作業は従来は、つる切り、掘取り、調製、出荷販売、貯蔵という作業過程に分れていたが、近年ではマルチ栽培が増えたために「マルチ剥ぎ」の作業が必要となっており、つる切りとマルチ剥ぎを同時に行う機械も開発されている。
 また、収穫は植え付けと並んでさつまいも栽培における作業時間のうち、大きなシェアを占めており、最近は青果用の小型の乗用型掘り取り機が普及しつつある。
 また、加工食品用やでん粉原料用に利用可能な、自走式の大型の収穫機が開発されており、今後の普及が期待される。

7.貯蔵
 さつまいもの貯蔵適温は13〜15℃、湿度が80〜90%とされており、貯蔵法としては、土中貯蔵、地下穴貯蔵、電熱を利用するキュアリング貯蔵、室内貯蔵などがある。従来は農家個人による地下穴式の貯蔵が多かったが、最近では、生産団地の大型化や青果用の周年出荷のために大型の室内(コンテナ)貯蔵が一般的となっている。

(1)地下穴式貯蔵
 長期・大量貯蔵に向く縦深穴式、横深穴式や、簡易・少量貯蔵に向く地上式、丸穴式、溝式などがある。貯蔵後は、雨水や冷気が入らないように穴をわらやビニールで被覆して、いもの呼吸熱が定まるまで約2週間放置する。その後換気口を設けて覆土し、寒さが増すにつれて覆土量を増加し、12月中旬頃には換気口を閉じて密閉する。貯蔵温度は13℃が基準で、湿度は80〜90%を保つ。一般には10〜20%程度の腐敗と減粍があり、地温が上昇すると、発芽、発根するので4月いっぱいが貯蔵の限界である。

(2)キュアリング貯蔵
 いもの傷口や表皮の下にコルク層をつくり、傷を治して病菌の侵入を防ぎ、長く貯蔵する方法で、コルク層の形成により病害抵抗性が増し、地下穴式貯蔵に比較して腐敗が少なく、商品性が向上する。掘取り直後の新鮮なものが呼吸熱や水分の発散が大きく、温度、湿度を保持しやすくコルク層の形成が早い。

 処理は、庫内全面に充分散水し、密閉して加温する。加温には、普通は電熱が使われ、処理条件は温度32〜33℃、湿度100%が基準である。この条件下で100時間でコルク層が4層程度形成されるので、その後、貯蔵庫を開放して12〜24時間で貯蔵適温まで低下させる。処理のポイントは素早い加温と放熱、そして温度と湿度の保持と均一化である。

注:1)

キュアリングのキュア (cure) は傷を治すという意味。

  2)

処理温度は、当初 35〜36℃とされていたが、黒斑病がほとんどなくなり、高温が後の貯蔵に好ましくないことから、 現在は30℃で処理。



(3)恒温湿貯蔵施設
 地下穴式貯蔵やキュアリング庫貯蔵などでは、貯蔵期間が11月から4月下旬ころまでに限定されるので、大型低温貯蔵庫で適温、適湿を与えて6〜7月まで貯蔵するものである。冬は暖房、夏は冷房で自動的に調節し、湿度保持と病害防止のためにくんたんやモミガラなどで水分を保持し、コンテナに入れて貯蔵するもので、早掘りの出荷が始まる6〜7月まで完全に貯蔵が可能である。

8.輪作体系
 さつまいもは連作してもいや地現象はなく、土壌病害虫が少ないため、栽培は容易である。むしろ連作したほうがよくなるといわれ、食用栽培では連作が行なわれていることが多い。しかしながら、連作年限が長くなるほど地力は低下し、減収度合が増す。この傾向はやせ地や砂質土の養分保持力の少ない畑、多収性品種の連作地に強く現われる。連作で注意を要する病害虫は、紫紋羽病とネコブセンチュウである。特に紫紋羽病は発生すると根絶することが困難である。
 連作障害を計画的に回避するには地力維持のための適作物との輪作体系の確立が必要で、大豆、落花生、野菜などと2〜3年交互に輪作するか、夏作のさつまいもは固定して、前後作にタマネギ、キャベツ、ニンジンなどの野菜を入れた作付体系とする。ただし、野菜作跡地はかなり肥料の残効があるので、後作のさつまいもは耐肥性品種とする必要がある。

○ 直播栽培
  • 直播栽培は、育苗・採苗の手間と経費が不要で、植付けも機械化できるので省力的であり、でん粉原料用などでは有望な栽培法として期待できる。
  • 畑に種いもを直播すると、約1か月で芽がでてくるが、これに先立って植え付付け後10日くらいで種いもの尾部から根が多く発生する。
  • この根が肥大したものが「親根いも」、萌芽して伸びた茎の地中部分からでたた根からできたのが「つる根いも」で、両方あわせて「子いも」という。これに対して植付けた種いもが肥大したものが「親いも」である。
  • 親いもは形や色が悪く、品質も劣るので、飼料用、工業原料用であるが、子いもは、一般栽培のいもと同じである。
  • 親根いもは早く出来るので大きく、つる根いもは遅れてつくので比較的小さい。

注:

芽の出たいもの芽の部分を薄く土に埋め、伸びて来た芽に土寄せすると、その節から根が出ていもになる。土にいもを挿して、そこからつるが伸びた形が地面に止まったトンボに似ているので、「トンボ栽培」とも呼ばれていた。