● 試験栽培の目的


  • ジャガイモとサツマイモ!どちらも歴史的には新しい「おいも」です。本当は食物繊維とビタミン、そしてミネラルに富む機能性食品ですが、これまでは救荒作物としてのイメージが強かったのではないでしょうか。

  • 青果用、加工食品用、でん粉原料用など、幅広い用途に利用され、それぞれ専用の品種があります。近年では機能性食品としての適性も重要になり、アントシアニン(紫)やカロチノイド(オレンジ)などの色素を多量に含んだ品種も育成されています。

  •  新しい品種は、品質や成分、貯蔵性、病害虫抵抗性などが従来の品種よりも優れてなければなりません。何万〜何十万もの交配からたった1つの品種が選抜されるのに10年もの年月がかかるそうです。

  • でも、このように苦労して育成された新品種も、消費者や加工食品メーカーにその美味しさ、特性の素晴らしさを知ってもらわないと売れません。

  • 一方、市場・流通業界では、これまではメジャー品種(じゃがいもでは男爵薯とメークイン、さつまいもではベニアズマなど)を取扱っているだけで商いができました。実際のところ農家が新品種に取り組んで出荷しても買叩かれることが多かったようです。

  • 出荷しても儲からないものは誰も作りません。作らなければ消費者も試食の機会がないわけです。このように、新品種についての情報の輪がつながらないのです。

  • さらにジャガイモの場合には厄介なことに、種いもの増殖に5年程度の年月がかかります。新品種が発表されてもすぐには種いもが手に入らないという事情があるわけです。

  • このような背景もあって、せっかくの新品種が消費者から評価される機会も与えられないのはあまりにも残念です。

  • できるだけ多くの人に素晴らしい品種、ユニークな品種があることを知って欲しい! 

  • そして消費者と流通・加工関係者、そして生産者の間をつなぐ情報の輪をつくりたい!

  • これが日本いも類研究会(JRT)による試験栽培の基本的なスタンスです。




  

 

 

 

 

 

=