インカレッド

登録番号 農林認定 ばれいしょ農林46号 2002.12.19
種苗法  第8551号 2000.12.22登録
北海道 (地域在来品種等) (2012取消)
地方番号
系統名  
系統番号 90112-7  
組合せ KW85093-33×島系284号 (1990 北海道農業試験場) 系譜図

草姿 塊茎 (北見農試)
画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

(1)来歴

 平成2年(1990)に北海道農業試験場において、塊茎の肉全体がアントシアニンで紫色を呈する品種の育成を目標に、S.tuberosum ssp.andigenaに由来する肉全体が淡赤肉の「KW85093-33」を母、肉全体が淡紫色の「島系284号」を父として交配し選抜・育成された品種です。
 北海道農業試験場と和田精糖浅田飴との共同育成品種として、平成12年(2000)12月に種苗登録され、起源地と赤皮赤肉にちなんで「インカレッド」と命名されました。また、平成14年(2002)には農林45号として登録されました。平成18年(2006)には36ha作付されています。

系譜図

(2)形態的特性

 茎長は「男爵薯」及び「農林1号」より長い“長”、茎色は“赤紫”、茎の太さは「男爵薯」及び「農林1号」より太い“太”です。分枝数は“中”、そう性は“直立型”ですが、年により生育初期から倒伏します。葉の色は「男爵薯」と同じ“濃緑”で、小葉の大きさは「男爵薯」より小さく「農林1号」と同じ“中”、小葉着生の疎密は“疎”です。開花数は「男爵薯」より少なく“稀”、花色は“白”で、花粉量は“微”、自然結果は“無”です。いもは“楕円形”で、皮色と肉色は“赤”で明らかな特徴となっています。目の深さは“浅”でいもの粒揃いは「農林1号」より悪く“やや否”です。

(3)生態的特性

 出芽期及び開花期は、とも及び「農林1号」より遅い。茎葉の熟性は、「男爵薯」より遅く、「農林1号」並もしくはやや早い“中晩生”です。初期生育が遅れ、早期肥大性も「農林1号」より劣り“やや遅”です。上いも重及び中以上いも重は「男爵薯」の9割程度と少なく“少”、上いも数は「男爵薯」と同じ“中”です。上いも平均一個重は「男爵薯」と同じ“小”です。二次生長は“中”、裂開は“無”です。いもの休眠期間は「男爵薯」よりやや長く“長”です。

(4)病害虫抵抗性

 ジャガイモそうか病抵抗性は「男爵薯」及び「農林1号」より強く“強”、粉状そうか病抵抗性は「農林1号」より弱く「男爵薯」と同じ“弱”です。疫病圃場抵抗性は「男爵薯」及び「農林1号」より強く“強”、疫病による塊茎腐敗抵抗性は「農林1号」並の“中”です。葉巻病抵抗性とYモザイク病抵抗性は「男爵薯」並の“弱”です。ジャガイモシストセンチュウには感受性です。

(5)品質特性

 褐色心腐は「男爵薯」より多く「農林1号」並の“少”、中心空洞は「男爵薯」と同様に“少”です。でん粉価はでん粉価は「男爵薯」及び「農林1号」よりかなり低い“ごく低”で、11%程度です。調理後の肉質は“やや粘質”、調理後黒変の程度は「男爵薯」並の“中”、煮崩れの程度は「農林1号」より少なく“無”です。チップ・フライの褐変程度は「男爵薯」及び「農林1号」よりも少なく“少”です。フライの乾湿は「男爵薯」より悪く“やや湿”です。チップ適性は中程度で赤肉色を生かしたチップ用として利用できます。 食味は「男爵薯」より劣る“中”で、用途は“調理用”です。
 アントシアニン色素(ペラニン)を、生いも1gあたり1.74mg含有し、赤肉色を呈します。 ばれいしょアントシアニンは、高い抗酸化性を示すとともに、お茶の実に含まれるサポニンに匹敵する抗インフルエンザウイルス活性を有しています。

適地:北海道
普及見込み先:奨励品種としての採用予定はないが、北海道で地域特産品種として利用される。
(普及見込み面積 100ha)

育成従事者

梅村芳樹、中尾敬、小原明子、森元幸、米田勉、木村鉄也、吉田勉
隅田隆男、高松直、林一也、大川豊、岡田亨



文献及び関連Web

森元幸・高田明子・高田憲和・小林晃・津田昌吾・中尾敬・梅村芳樹・林一也 (2009).肉質部にアントシアニン色素を含有する有色バレイショ新品種「インカパープル」および「インカレッド」の育成.育種学研究.11(2):45-51

“バレイショのアントシアン高含有品種の育成(1)2倍体系統交雑後代における色素量の増加”.育雑42(別1),354-355(1992)
“バレイショのアントシアン高含有品種の育成(2)普通バレイショ交雑後代の色素量の増加”.育雑42(別2),482(1992)
森元幸.“カラフルポテトを創る −アントシアニン、カロチノイド含有ばれいしょ品種の育成−”BRAINテクノニュース66 (1998)

林一也、鈴木敦子、津久井亜紀夫、高松直、内藤功一、岡田亨、森元幸、梅村芳樹.新品種カラーポテトのアントシアニン,ビタミンC,食物繊維,スクロースについて”.日本家政学会誌.48(7):589-596(1997)


ばれいしょ地域在来品種等の特性 ノーキングラセット」、「シェポディー」、「529−1」、「インカレッド」、「インカパープル」、「インカのめざめ (成績概要書(2003)) 【PDF版



赤色のカラフルポテト「インカレッド」 (北海道農業研究センター生まれの作物たち 北海道農業研究センター育成品種一覧

インカレッド (北海道農業研究センターばれいしょ育種研究室

ジャガイモ品種「インカのめざめ」「インカレッド」「インカパープル」 (ジャガイモ博物館(浅間和夫氏による解説))

アンデスいろぽてと ((有)菊水堂
挑戦 バイオ事業 カラフルポテトおいしいクッキング (和田製糖株式会社
アンデスいろぽてと ((有)菊水堂


カラフルポテト インカパープル&インカレッド (パンフレット) (北海道農業研究センター)

赤・紫色ばれいしょ塊茎のアントシアンの抗酸化作用 (食品研究成果情報)


有色ジャガイモ (十勝毎日新聞 2002.5.7)




じゃがいも品種詳説 TOP