エニワ

登録番号 農林認定 ばれいしょ農林12号 1961. 4
種苗法 
北海道優良品種 ばれいしょ北海道第7号 1971. 6.17
(1961-)
地方番号 北海22号 (1958) 
系統名 なし    
系統番号 52078-16  
組合せ 島系267号×島系232号 (1952 北海道農業試験場) 系譜図

花 (北見農試) 草姿 (北見農試) 塊茎 (北見農試)
画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

用途 澱粉原料用
長所
  • 塊茎腐敗に強い。
  • 耐湿性に優れる。
  • 粉状そうか病に強い。
短所
  • ジャガイモシストセンチュウに感受性。
  • 澱粉の品質は「紅丸」より劣る。

(1)来歴

 昭和27年(1952)に北海道農試島松試験地において、「島系267号」を母、「島系232号」を父として人工交配し、翌年より実生を養成して選抜を重ねたものである。昭和33年(1958)に「北海22号」の地方番号を付与し、生産力及び地方適否を試験した結果、昭和36年(1961)に「ばれいしょ農林12号」として登録され、育成地があった恵庭市にちなみ「エニワ」と命名された。
 澱粉原料用品種として北海道では昭和43年(1968)に8,951ha作付されたのをピークに作付は減少を続けて、2004年以降は200haを割っている。平成25年(2013)には136ha作付され、翌年から作付面積公表対象の主要品種から外された。大部分は十勝地方の沿海部で栽培されている。
 澱粉原料用の他、食用として「マリモ」の名で販売されたり、ポテトチップの原料として使われることもあった。
 なお、加工食品用の「トヨシロ」をはじめ国内で育成された低糖性の加工食品用品種・系統の多くは「エニワ」に由来しており、低糖性の遺伝資源としても重要な役割を果たしてきた。
系譜図

(2)形態的特性

 そう性は直立型で、茎の長さは「紅丸」よりやや短い中だが、よく繁茂する。茎は太くはなく、数も少ないが、分枝、側枝の発生はやや多い。茎は緑色で2次色は無い。茎翼は直です。葉色は淡緑、小葉の大きさはやや小さく、着生はやや疎である。花色は白で、数は「農林1号」より少ない中だが、開花期間は長い方である。花粉の量は中程度で、自然結果は少ない。
 ふく枝が比較的長く、いもの着生が疎なので緑化が多いいもは扁球形で、扁平度が強い皮色は淡黄褐色で表皮はやや粗く全面ネット状を呈する。目はやや浅く、目数は中位である。肉色は白い

(3)生態的特性

 休眠期間が長く、貯蔵は容易である初期生育は遅く、早期肥大性も劣るが、後期の肥大が急速である。枯凋期は「農林1号」程度の中晩生に属する
 上いも数は中程度で、上いも平均一個重が大きく、中・大粒が多く、粒ぞろいが良い。上いも収量は「農林1号」並かやや少ないが、澱粉価は「農林1号」より1〜2ポイント高い。「農林1号」や「紅丸」に比べると適応性は広くなく、必ずしも栽培容易とはいえない。高温・乾燥には弱く、比較的冷涼な気候に適し耐湿性が強いので、十勝沿岸地域の冷涼な湿性の低地帯に多く栽培されてる。

(4)病害虫抵抗性

 疫病抵抗性遺伝子R1を保有する。疫病による塊茎腐敗抵抗性は強で、北海道の栽培品種の中では最も強い方に属する。PVY-Oに罹病するとえそ型病斑を示し判別しやすい。PVY-Tに対する病徴は軽い脈えそを現す。PVAには感受性だが病徴を現さない。PVX-oとPVX-bの両系統に感受性である。PVSのモザイク系統に対しては病徴を示さないが、退緑した小斑点を生じることもある。葉巻病の当代病徴による頂部の立型が著しく、葉は黄〜黄白に着色する。
 粉状そうか病には極めて強い。青枯病にも強い。半身萎凋病、軟腐病、象皮(亀甲)症状の発生は比較的少ない。ジャガイモシストセンチュウには感受性である
 中心空洞の発生が中程度と多く、褐色心腐も少とやや出やすいが、二次生長はみられない。

(5)品質特性

 澱粉粒子の大きさは「紅丸」並である。「紅丸」に比べ澱粉中の灰分及びリンが多く、糊化した際の最高粘度は「紅丸」より高い。総じて、澱粉の品質は「紅丸」より劣り、「コナフブキ」と同様、固有用途のうち麺類、春雨、片栗粉などには対応可能だが、長期間にわたり冷蔵保管される加工食品(水産練製品、ハム、タレ、ソース)や養鰻用のアルファ澱粉では問題になることがある。
 肉質は粉質で、食味は良いが、中心空洞や褐色心腐が多いので、食用には不適である。休眠が長く、還元糖含量が少ないのでポテトチップ原料にも使用可能だが、乾物率が高過ぎて製品が堅めに仕上がる傾向がある。グリコアルカロイド含量は、食用品種の中で多いとされる「メークイン」並かやや多い。

(6)適地及び栽培上の注意

 北海道一円に適し、排水の良い肥沃地に好適する。二次生長の発生が多いところにも適合する。
・「紅丸」や「農林1号」程度の栽植密度や施肥量とするのが望ましい。中心空洞の発生を抑えるため、疎植・欠株・晩植を避け、窒素の後効きをさせないようにする。
・休眠が長いので、浴光催芽や早期培土を行うとよい。
・塊茎肥大が遅いので、早掘りには適していない。
・ふく枝が比較的長いので、培土はやや早めに行い、しかも十分かけるようにする。

・比較的冷涼な気候に適し、高温乾燥の条件では減収しやすい。

奨励品種に指定している都道府県(△印は準奨励品種)

北海道

育成従事者

永田利男、那須千一郎、山上尚、岡啓



文献及び関連Web

農林水産技術会議事務局.エニワ(品種解説シリーズ)”.農作物品種解説 畑作物の新品種(昭和30〜38年度) (1963)

エニワ (農林認定品種データベース Agriknowledge)

北海道立農業試験場.“農作物優良品種の解説 (1961-1977)”.北海道立農業試験場資料 第9号(1979).北海道立中央農業試験場

馬鈴薯北海22号について (農業技術情報広場)



ばれいしょ品種の形態及びウイルスの病徴 (1) (独立行政法人種苗管理センター

ジャガイモ品種「エニワ (ジャガイモ博物館(浅間和夫氏による解説))



じゃがいも品種詳説 TOP