タワラマガタマ


(農林水産省品種登録Homepageからの引用です)

1 品種登録の番号及び年月日   第8215号   2000年7月31日 (2004年 8月 3日育成者権消滅)

2 登録品種の属する農林水産植物の種類及び登録品種の名称
   ばれいしょ   タワラマガタマ

3 登録品種の特性の概要
 この品種は,「アンデス赤」の変異株であり,いもの形はまが玉状,いもの皮色が一次色が赤,二次色が紫,肉色は黄の調理用品種である。
叢性はやや直立型,個重型・個数型の別は中間型,幼芽の色は紫,茎の長さ及び太さは中,色は緑,葉色は緑,花の大きさは中,色は赤紫系,ふく枝の長さは短,いも着生の深浅は浅,長短は極長,扁平度は弱,形はまが玉状,皮色の一次色は赤,二次色は紫,表皮の粗滑はやや粗,目の深浅は極浅,肉色は黄,肉質はやや粉である。
 「デジマ」と比較して,いもの形がまが玉状であること,皮色の一次色が赤,二次色が紫であること,肉色が黄であること等で,「アイノアカ」と比較して,いもの形がまが玉状であること,皮色の一次色が赤,二次色が紫であること,表皮の粗滑がやや粗であること,肉色が黄色であること,肉質がやや粉であること等で区別性が認められる。

4 育成者権の存続期間   20年

5 品種登録を受ける者の氏名及び住所又は居所
俵正彦   長崎県南高来郡瑞穂町西郷丁231番地

6 登録品種の育成をした者の氏名及び住所又は居所
俵正彦   長崎県南高来郡瑞穂町西郷丁231番地

7 出願公表の年月日   平成11年3月18日

8 登録品種の育成の経過の概要
この品種は,平成4年に出願者のほ場(長崎県南高来郡瑞穂町)において,栽培中のアンデス赤(岡山県から種いもを導入)から,いもの形がまが玉状で皮色が紫の変異株を発見,以後,選抜と増殖を行いながら特性の調査を継続し,8年にその特性が安定していることを確認して育成を完了したものである。
なお,出願時の名称は「ヨーデルムラサキ」,出願公表時の名称は「アルペン グズリー」であった。



アップルポテト10品種 (俵屋農場のアップルポテト

平成22年度「農業技術の匠」:俵正彦さん (農林水産省

ジャガイモ品種「グラウンド ペチカ」「サユミムラサキ」「タワラヨーデル」「タワラマガタマ」「タワラムラサキ」 (ジャガイモ博物館)



じゃがいも品種詳説 TOP